パワースポット

2010年09月09日(木)【
LINEで送る
Pocket

8年位前の話か。
諸事情につき、色々と落ち込んでた大学4年生の就職活動時代なんだけれども、そう言った活動自体に疲れを感じていて、他にも色々あって、なんだか分からないけどイライラしてたんで、ちょっとゲン担ぎでもするかい と就職説明会会場の近所にある神社に飛び込んでお賽銭など入れてみた。
ついでなんで御神籤もやってみたんだけど結果は末吉。「後々いいことあるかもよ!?」的なことしか書かれてなかったんだけど、とりあえず今後いいことあるなら持っておくか ってノリでお財布に突っ込んだままずっと放置してたんだけど、8年後になって考えてみると、確かにいいことがあったような気がしないでもない。否。あった。
つい最近嫁とテレビを見てたら、その会場付近の神社が紹介されていて、思わず目を奪われてしまうことになる。
住吉大社だったのか。
やっべー! 全然知らずに拝んでたよ! 通りでやたら境内の広い神社だったわけだよ!
みたいな感じで、確かに8年前、神様に祈ってはみたものの、そんなでっかいところの神様とは露知らず。
お酒の一本でも奉納しておくべきだったか。
最近は「パワースポット」だとかで色んな神社や滝とか自然に囲まれたところが紹介されてるけど、「ここはパワースポットですよ!」とか言われると妙に行く気が失せてしまう。パワースポットであることを変に理解して行ってしまうと面白みも無いって言うか、肩こりが治った! とか、それ多分運動量増加による血行の促進だと思うよ?
まぁ、パワースポットって言う存在を否定する気はないけど、行ったからすぐに良いことありましたとかはなんかおかしいなーとは思うかなぁ。大抵のことは思い込みによる行動力の結果なわけだし、本人的に「パワー貰ったぜ!」って思って人生が上向くならそれでいいじゃない みたいな。パワー貰うために無茶な行動して怒られました とか、逆に悪いことになってんじゃん。
個人的にはそう言った場所特有の「清浄な空気」みたいな物で心をリフレッシュさせて、明日を迎えるって言う連鎖に意味があると思ってるんで、例えばパワースポット的な場所に赴いて、数年後とかに「あの場所に行ったのが良かったのかもねー」って振り返ることが出来る程度で十分だと思うけどね。
大体において日本の神様って酒好きが多いとは言われてることだし、ちょっと上等な酒一本でも持って、お礼参りにでも出かけるのも乙なものかなと思ったりする今日この頃。住吉大社が僕を待ってるぜ!
次の願いは「インターネットになりたい」
多分、叶う。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です