君の進む道は明らかに間違っていると断言してもいいことって言うの割とある

2010年09月23日(木)【
LINEで送る
Pocket

早朝、コンビニのオーナーをやっている友人から電話がかかってきた。
滅多に電話こそしてこないが、いつも困ったときにばかり電話をかけてくるアンチクショウで、またしても厄介ごとを持ってきたのかと悪態をつきながら応答。
オーナー「ちょっと聞きたいんだが・・・」
僕「うむ」
オーナー「アマガミと言うゲームを持っていまいか?」
僕「・・・悪いことは言わん。考え直せ三十路の友よ」
というわけで、今年で30歳になり、あまつさえ妻子のいる男を前にそんな恋愛ゲームなんぞあるわけが無かろうに と言う気持ちこそあるものの、中学時代から「ときめきメモリアル」について散々語り合った仲ゆえに彼を否定する余地など無く、とりあえず「我々ももう家族を持つ歳なのだよ。そんなゲームに現を抜かす前に現実を見てくれたまえ」と諭してみる物の、どうもバイトの高校生の子に感化されて強烈な興味を持ったようで。
嗚呼、嗚呼、そういえば彼は思い立ったらすぐに動く男であった。
ゴールデンウィーク前に二人でイベント用のメイド服、買いに行ったよね・・・。
そんなこんなで、「オーナー」と呼ばれるにはまだ若く、恋愛ゲームをするには歳を取りすぎた。そんな彼の行く末は強烈なまでに気になるものの、彼がそれで幸せならそれでいいんだろうと思う。
ちなみに僕はここ数年ゲームの類をとんと買ってないので当然持っていないわけではあるが、どうしても僕にもプレイさせたいらしく、仕事が終了し次第ゲーム屋に直行するらしい。
その行動力をもっと仕事に活かせばいいのに、っていつも思うんだ!

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です