ご褒美を考える

2011年05月25日(水)【
LINEで送る
Pocket

最近特に子どもの夜泣きがひどい。
ひどいときは30分に一度目が覚めてギャン泣きすると言うくらいで、こっちもそれに合わせなきゃならない分ほとんど睡眠を取ることができず、なんと言うか色々とボロボロの状態ではある。
しかし、赤子には赤子の事情があるわけで、それをいかに汲み取るかが親としての役目ではないか? と言う事で出来うる限り頑張ってはいるものの、いい加減嫁様のほうが体力的、精神的にもきつそうな様相を呈している。ちなみに僕はそこら辺無駄に体力があるのか、あんまりダメージが無いので良いんだけれども、やはり愛する家族が疲れている姿を見るのは悲しいものだ。
と言うわけで、日頃頑張っている嫁様に何か報いることは出来ないだろうかと言う事でプレゼントなどを考えてみることにした。
お金は無いが楽天のポイントならたんまりある! と言うわけでお財布に優しいエコなプレゼントなのだ。よし、時代の流れに乗れた。
基本的に嫁様はおやつが大好きなので、甘いケーキなどを用意してみるのはどうだろうと言うのが今回の趣旨だ。今更装飾品など送る気にもなれん。婚約指輪&結婚指輪で一体いくら払ったと思ってるんだと、ここら辺割とケチな自分が物凄く凄い。色々と。
さて、おやつだ。今時風に言うならスイーツだ。
今回の予算は3000円程度(全部楽天ポイント)。この前6000円のローストビーフを購入してみたのだが、個人的に満足の境界線として2980円より上であるか下であるかと言うのがあって、今回はこの境界線よりちょっと上で頑張ることにした(主に楽天ポイントが)
しかし探してみると、なかなか決まらないもので、どうしても自分の趣味に引っ張られてしまい、チョコレート系のものばかりが目に飛び込んでくる。フォンダンショコラとか反則でしょう? いやいやいや、これは僕の為のケーキではなく、日頃子育てを頑張っている嫁様のために用意されるべきものなのだ。だから全て嫁様の好みに合わせるべきなのだ。
とは言うものの、直接本人に「ケーキ買ってやるから何が良い?」などとは口が裂けても言えぬ。こう言うときほどイベント性を重視し、無駄にサプライズ的な要素を取り入れたいなどと言った頭の悪い考え方が暴走を始める頃にはもう遅い。気がつけばとっくに予算はオーバーし、無駄に花とか添えられてる妙ちくりんなデコレーションケーキがカートの中に入っていた。
いやいやいやいや! 違う違う! いくらなんでもこれは違う! 面白いけど趣旨が違う! と言う事で慌ててカート内をリセット。全く楽天は恐ろしい子やでぇ・・・。
そんなわけで小一時間ほどスイーツ特集をまじまじと見つめ、ようやくそれっぽいものを見つけたのでサクっと購入。全額ポイント支払いと言うなんとも言えぬ虚無感を抱きながら「我 嫁に 贈物 用意する」と言う結婚後初めての青春を実行してみたわけだ。
過程を追っていけば「嗚呼、この人は愛妻家なのだなぁ」と納得してもらえそうな雰囲気は出たと思うが、実際こんなことしてる側は「嫁にケーキ贈る俺カッコイイ」みたいな自己陶酔がひどいことになっており、なんだか手段と目的が入れ替わってるような気がしないでもない。
でもいいや、ちょうどレアチーズケーキ食べたかったし(結局自分の趣味)

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です