SEO対策が分からなくても検索エンジンに好かれる記事を書く方法

2012年09月26日(水)【
LINEで送る
Pocket

SEO対策の話題ってことで。

やっぱりブログなり商用サイトなり、アクセスアップを狙う人はとても多いわけで、そのためにSEO対策だったり、はてブ対策だったりと、様々な手法をチェックするのに余念が無いと言う方もいるんじゃないかと思うわけだ。

僕も収益を目的としたサイトをいくつか管理している身で、仕事でライティング的なこともしていることから、SEO対策に関する情報は相応に集めているつもりではある。

しかし、いざ情報を漁ってみると、未だに小難しい対策方法をレクチャーし、「ね? 簡単でしょう?」などと言っちゃってる所も多いわけで、いやいやいや。それを素人さんがやれっつっても無理な話ですわ みたいな感じも無きにしも非ず。

そもそも内部SEOだ被リンクだ発リンクだって言ったって、十分な知識が無いと対策も出来ないでしょうに って言う気持ちもあって、それでは良質なサイトは育つように見えて、実は敷居の高さに諦める人の方が多いんじゃないかってことを危惧もしてみたりするものだ。

と言う訳で、今回は「誰でもすぐに出来るSEO対策の一環」として、Googleなどの検索エンジンに好まれやすい文章の書き方を紹介してみようと思う。

一応僕の実績として、被リンク対策無し、最大風速として1日でGoogle経由のアクセス1000オーバー程度なら達成したことがあると言うくらいは信憑性はあるものと考えてみてくだしい。

SPONSORED LINK


検索結果に出したいワードはタイトルに入れる

基本中の基本。

はてなブックマークにおいてはタイトルだけでほとんど決まると言われていることからも、タイトルをしっかり書いている人も多いはず。

今回の記事においては個人的にあまり人を煽るタイトルのつけ方は好きじゃないけれども、ちょっと意識高いタイトルにしてみた。

意図しているのは「SEO対策」と「検索エンジン」「記事」の3つ。
これが検索エンジンに引っかかってほしいと言う下心もアリアリ。
あと、地味なところなんだけど「分からない」って言うのは結構検索されるワードの一つとして覚えておいてもいいと思う。

ただ、はてブ狙いと違うのは、SEOの場合は「重要なワードはタイトルの最初に入れること」で、はてブ狙いのように、余計な感情を頭に加えるとかは不必要だったりする。
あくまで淡々とでもいいので、重要ワードを最初に持って行きつつ有効なタイトルを作ることがSEO的には有効。

ちなみに、タイトルの長さにもガイドラインがあって、Googleであれば32文字までに抑えておいた方がよく、Yahoo!のことも考えると、結論としては17文字~32文字までの間で考えるのが一番のよう。

とは言え、SEOだ検索エンジンだなんだ言っても、最後にクリックするのは人間なので、興味を引くタイトルをつけるって言うのは従来のセオリー通りと考えてOK。

まずは、文字数は600文字以上1200文字以内でまとめてみる

1記事の強さを意識するのであれば、大体文字数としては600字程度が妥当って言うのはSEO対策のセオリーとしては一般的だ。
多くても1200文字までにまとめる。どうしてもオーバーするにしても、1500文字くらいが限界かな?

これは検索クローラー的にサイト内の記述全てを見ているわけではなく、ある程度読み込み終わったら次のページへ移動しちゃうことが一つ目の理由。

もう一つは、600文字程度でしっかりまとめられている記事のほうが検索クローラーには意図が伝わりやすいっていうのもある。

ご指摘いただきました点について、600文字~1200文字でなければならないと言うことはありません。
意図としては、文章を書くのが苦手であっても、改めて検索エンジンを意識した文体を考えた際、冗長にならず、記事の精度を高めるには、この程度の文章量は確保したいと言う意味を込めていましたが、確かにセオリーと一般的と言うのはおかしな話でした。修正してお詫び申し上げます。

あまり長文過ぎると、論点がバラバラになりがちなこと。検索エンジンに評価されたいワードの重要性が薄れちゃうと言うこともあり、理に適っていると言えばそうかもしれない。
もちろん、長文でもしっかりとブレずに一貫して書ききることが出来るのであれば、それが理想だと思う。
しかし、それは思いのほか難しいことだったりするわけで、まずは出来る範囲内と言う意味で、ブレを減らして書ききることが大切。

ちょっと誤解を生むところなので追記すると、
文字数が3000文字、4000文字であっても検索エンジンに評価されないということは無いし、書く人は書くし、1記事で1万文字近く行く人もいる。
しかし、「では全ての人がそれだけの文章量を書き続けられるか?」となると、厳しい点も出てくると思うので、まずはそこまで頑張らなくてもいいから、600~1200文字くらいで、精度を意識しつつ継続して書いてみるということも方法の一つ と言うことです。

もう一つ、「長文でなければ評価されない」と言うわけではないということ。

あと、人間的にもサラっと読める文字数としては600~1200文字くらいが妥当だったりするので、人によっては物足りなさを感じるところはあるだろうけど、「より多くの人が読みやすい」と言うことを意識した場合は妥当な数字かな、思っている。

1200文字までって決めて実際書いてみると、600文字でも難しいと思う人もいれば、思いのほか簡単に埋まってしまう人もいる。
WEBだからいくらでも文章を書けるけれども、いざ文字数を制限して書いてみるって言うのはなかなか難しく、記事の精度を高めるトレーニングにもなるので、一度はやってみてもいいんじゃないかなと言うことで。

適切にキーワードを入れ込む

ライティングの際に意識していることなんだけど、できるだけ「アレ」「コレ」「ソレ」などは使わないようにする。

例えばiPhoneに関する記事を書きたいのであれば、600~1200文字の間に一定数必ず「iPhone」と言うワードを入れておくのが望ましいと言うこと。
その際に「あれは高性能ですよね!」みたいに書くのではなく「iPhoneは高性能ですよね!」と分かりやすくしておくと言うこと。

これも、検索クローラーさんは「アレ」「コレ」「ソレ」が何のことであるか正確に解釈しきれないからと言うのが理由。
文章の流れ的に解釈しているのかもしれないけど、日本語の流れ自体を理解しているわけでもないので、期待しないほうがいいでしょうってことで。

とは言っても、入れ込みすぎはNG。
SEO的なガイドラインとしては、全体に指定キーワードは5%程度に留めることって言うお達しがあるので、それには従うことが大事。

こちらも一昔前という解釈とのことでした。
とは言え、ある程度バランスを保つと言うことは大切なので、やりすぎないようにと言うことは意識しておきましょう。

目安で言えば、600文字であれば3~5個程度。1200文字まで行けば、最大で10個くらいかなと。
何度も重複して詰め込みすぎず、文章内にバランスよく入れ込むってことも意識すると幸せになれます。

もしも過剰にキーワードが入ったときのみ「アレ」「コレ」「ソレ」などで誤魔化すって言う方法もアリ。
何はともあれ、実際に書いてみると分かると思うんだけど、この割合なら文章も自然かつ分かりやすいものになるので、やっぱり理に適ってるよなーって思う。

参考例として、手前味噌ではあるけれども、僕が過去に書いた記事が良いサンプルになりそうだったので紹介。

iPhone+docomoのメリットとデメリット

上記の記事は文字数831文字。
「docomo iPhone」で検索に引っかかって欲しいと言う理由があり、それぞれ「iPhone」と言う単語が9回、「docomo」と言う単語が6回、記事内に分散されて入っています。
どう言う風に目的のキーワードを突っ込んでるかって言う参考にはなるかと。

適度に画像や見出しを配置する

例えば文章だけではニュアンス的に伝わりづらいことを記載しなければならない場合は画像に助けてもらうだけでも文章量を大きく削減することが出来るのはもちろん、詰め込みすぎになりがちな文章をリセットすることに役立つ。

このブログでも、小見出しで一度読み続けるという作業をリセットし、次のお話に行きますよって言う目処を立てているのだけれども、実はこれはこれで人間的なものだけでなく、SEO的なものも意識していたりする。
また、最近は検索クローラーは「行間」も読んでいると言われており、詰め込みすぎは好ましくないと判断する傾向にあることからも、重要な要素の一つじゃないかと。

要するに、全体的に1文、もしくは1センテンスは短く分かりやすく、複数のセンテンスに分けて理解度を高めやすい文章にしましょうと言うこと。
僕は<h3>タグで見出しを作っていたりする。

このことにおいて重要なのは「1文を分かりやすく区切る」ってこと。
極端な例で言えば、昔ながらの携帯サイトや携帯小説はやたらと短文を連続して入れ込んでいるけど、実はあの手の記述方法のほうがクローラー的には嬉しいとも言われていたりする。
さすがに今時は無視しても良いけれども、冗長に1文を続けるよりも、意識的に短めに区切ることも大事と言うことは覚えておこう。

広告はフッターにする

広告を記事の頭や真ん中に置くっていうのは日本特有だったりするらしいのだけれども、一般的に広告の部類は記事の一番最後に置くのがセオリー。

時々記事の真ん中においてあったり、ブログであれば「続きを読む」の直下に置いてあることも多いが、検索エンジンは広告タグを嫌う傾向にある。
人間的にも広告に対しては苦手意識を持っている人も多いので、特に必要性が無ければ、わざわざ記事の頭や真ん中に置く必要もないだろうとは思っている。

コレばかりは記事の書き方によってケースバイケースだけど、不要な広告は消しちゃう方が吉。

しかし、広告自体を検索エンジンが否定しているわけではないので、クローラーのページ読み込みを阻害しない範囲で設置するのであれば、ガッツリ収益出せる広告を貼ってしまえ! って言うノリ。

まとめ

もしもあなたがSEO対策に強い文章を書きたいと思ったときに意識してみると幸せになれそうなのは

●文章量を適度な量にする(決して長文で無ければならないと言うことは無い)
●検索エンジンに引っ掛けたいワードを一定量入れる(文章がおかしくならない程度にバランス良く)
●適切に小見出しや画像を入れ、記事全体のバランスを整える

と言うことが大切ではないかと。
でもこれ、よくよく考えてみたら、人の視点においても同じことが言えるって分かるんじゃないだろうか。

つまり、誰が読んでも分かりやすい文章こそが、記事執筆における検索エンジン対策なのだと言うことが理解できるんじゃないかと思う。

安直な結論だけど、検索エンジンに引っかかりやすい記事を書き、アクセスアップを狙うのであれば「誰が読んでもすぐに分かる文章にしましょう」って言う、たった一つのことを意識するだけで、その記事の評価は大きく変わると言う事は知っていて欲しいなと思う。

それでも僕は長文を書きたい

今、この文章を書いている時点ですでに文字数は3000文字突破確定なワケだけれども、別にそれはそれでいいんじゃないかと思う。

そもそも、あくまで上記の話は「収益を目指す、もしくは何が何でもアクセスアップしたい」と言う場合の方法なので、必ずしもブログを書くに当たって使えるかと言われるとそうでもない。

せっかくブログって言う有益な情報や思いのたけを伝える場でもあるわけだから、自由でいいじゃないか と言うのが持論だ。

実際本気で文章を書く際、600文字程度で抑えられるかと言われれば、それも無理な話で、序文で大体300文字くらい使うとなると、本文に使えるの300~900文字程度ぢゃん! ってなって、なんだかもうね。もうね。

とは言っても、上記の方法は「どうしても人に紹介したい物・商品・サービスがある」と言う場合には意識しておきたいもので、文章量と正確な伝達を心がけることで文章自体もブラッシュアップされるし、精度の高い情報を作ることが出来るのは間違いないはずだ。

ここぞ! って言う勝負記事や、収益を目的とした紹介文を掲載すると言う場合は、決して難しい方法でもなんでもなく、今すぐでも出来ることなので、ちょっとだけでも考えてみてはいかが?

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です