サンプルで作ったアフィリエイトサイトが毎月5万円の収益になってた

2013年03月13日(水)【
LINEで送る
Pocket

cattop

以前からの読者の方で昨年の今くらいに作ったよ! と紹介した
「ネットショップ開業完全マニュアル(http://howshop.4-5matworks.com/)」
を覚えている方はどれだけいるだろうか。
もしかすると、一人もいないんじゃないだろうか。(興味ある方は手動でURL入れてね)

まぁ、それはさておき、上記のサイトは昔からもう誰も読んでいないだろう過去記事の中で「一応アフィリエイトやってますエヘヘ」的なことを書いていたし、一応ブログでその経過報告でも書いておくか! 程度のお話の延長線上で作った、「四畳半ワークスがアフィリサイト作ったらこんな感じになりましたエヘヘ」って言うサンプル的なものをシェアしましょう って事だったのだけれども、ちょっとエヘヘどころじゃなくなってしまった。

頑張ってコンテンツ埋めるよ! と豪語していながら一年近く放置状態となっているこのサイトなんだけれども、去年秋辺りからちょこちょこと収益が出始め、ついに現在では毎月5万円くらいの収益になっていった。
それなりに頑張って作ったし、1記事書くのに暇な時間を見つけては数日かけて云々かんぬんみたいなところはあるんだけど、ちょっと予想GUYすぎてなんだかもうね。

過去にブログで紹介し、はてブまで付けていただいた手前、もうみんな忘れ去っていたとしても、その経過報告はしなければならぬ!
そんな感じの、「アフィリエイトサイトひとつで毎月5万円達成したよ」企画として、何をやったのかって言う簡単なお話でも。

このサイト、全然すごくない

ちなみに2月のアクセス数はこんな感じである。

howshopacc

これを見て「あ、アクセス数すげーな」って言う人はまず居ないと思うんだけど、ぶっちゃけ一ヶ月で3000アクセス行くか行かないかの瀬戸際でウロウロしているようなサイトだ。
一日換算にすると、100アクセス行く日もあれば、60アクセスくらいしかない日もある。

それくらいのサイトなんだけれども、こうやって収益が立っているので、一体何をやったのかをシェアしてみたいと思う。

文章で書くだけでは説得力なさそうなんだけれども、まぁ嘘と思われても別にかまうまい。
とりあえず参考までに、ASP2サイトによる先月2月のまとめとして

ASP-A:35500円(未確定報酬)
ASP-B:78000円(未確定報酬)

だったことをご報告。
ちなみに「未確定報酬」と言うのは、「まだ契約が確定してないから、キャンセルが発生したらその分差し引くよ」って言う感じの仮の金額。

大体毎月の事例で言えば、30~40%はキャンセルが発生するので、最終的には6万円から5万円台くらいに収まるかなと。
なんにせよ、ありがたい収益である。

このサイトで意図したこと

去年の6月に
ネットショップを作りたい人のためのまとめを作りましたよっと
と言う記事でも紹介したんだけど、ネットショップを作りたい方が、ここを見れば大体分かるという感じのマニュアルにしたかったと言うのがひとつ。

もうひとつは、ネットショップ制作の仕事を引き受けたときの自分用の備忘録としても使えるようにしたかった。

更新回数を重ねるのが難しい分野と当時は思っていたので、出来るだけ情報の鮮度的な意味では長期間保つことが出来るものを選ぶようにした。

要するに「資料的な意味合いを持つ」と言うことを結構考えていて、今時の技術的なものの流れや、流行に左右されないコンテンツを作ることで、更新頻度は少なくとも戦える状態を作っておきたかった。

現在までにやったこと

去年の2月辺りからちょこちょこと作り出し、最低限の見た目の体裁を整え、記事を入れいく。

記事の意図としては、「こういう部分で悩む人多そうだなー」って思ってる部分を入念に作りこみ、それに合わせてお勧めのものを紹介していく感じ。

SEO対策関係で言えば、ほとんどやってない。
最初の頃はインデックス化の為にいくつかリンクを貼ってみたんだけど、去年のパンダアップデートによるリスクを考え、危ないと思われるリンクは全て外しており、あとは6月に公開した記事経由からのはてなブックマークのみで被リンクが成り立っていると言っても過言ではない。

あとはずっと放置しているので、いい加減穴の空いてる部分を埋めていこうと、毎度毎度思っては時間の無さに諦めてる感じだ。

要するに、結構いい加減。
(あくまで四畳半ワークスの作ったアフィリサイトサンプルだよ! って感じだったし。)

アクセス数は最初から期待していない

今では「ネットショップニュースなう!」を同時運営しており、割といろんな情報を見つけては公開しているって言うスタンスなんだけど、そもそもの世界が狭く、ネットに興味がある人の中から、さらに「ネットショップを作りたい人」にまで条件を限定すると、アクセス数の限界値は大体の検討がついていた。

正直、相当時間かけて頑張っても1日1000アクセスですら困難。
これは割と経験則的なところがあって、「1サイトで毎月10万以上の副収入を得るために僕がやったこと」でのサンプル(非公開)でも、一日最大アクセス数が500程度だったことを考えてみるに、投資無く1000以上のアクセスを集めるのは最初から諦めていた。

よって、ターゲットとしては、ネットショップを作りたいけど方法が分からない方のみとし、レンタルショッピングカートの説明に加えて、ショップオープンから、運営初期までの基本をカバーすると言うことに完全に特化することにした。

で、さらに現状のこの放置っぷりと、上記のアクセス数を見ればお分かりのことだが、1日100アクセスですら行かない日も多い。
それでも収益が出ているのは、手前味噌だけれどもニーズを合わせることは出来たんじゃないかなと。

あと、僕の運営方法と言うか、サイトを作る場合は「深く狭い」事を是とするところがあって、これはもう性格上の物としか言えないんだけど、
「1000アクセスのうち、見込み客が10%」のサイトを作るよりも、「100アクセスのうち、見込み客が50%以上」と言うサイトを作る方が性に合っている。

数字的には前者の方が収益性が高いわけだけれども、後者の方が運営的にも楽だし、身動きが取れやすく、最終的な作業時間が少ないと言うのは結構なメリットだと思っているのだ。

アクセス数は少なくとも、収益は出る

これはもう、自分で証明することが出来て結構満足なんだけれども、1日100アクセス未満のサイトだって戦える。
広告選びによって変わってはくるものの、しっかりとターゲッティングをし、ニーズを考え、適切にコンテンツを提示することが出来れば、充分稼ぐことはできるのだ。

最近の流行? 的なものでは、ブログのアクセス数を伸ばし、アドセンスから収益を得ると言う方法が一般的になってきている感もあるんだけれども、僕みたいなやり方だって、決して負けてないんだよって言うのは声を大にしたいところだ。

もちろん、更新頻度を求められるブログと比べると、掲載しなきゃならない情報量は非常に多い上に、知識も相応になければならない。
さらに、「購入・成約が大きくアップする紹介記事やコンテンツの作り方紹介します」でも書いたんだけど、文章構造や見せ方の意識も求められるため、簡単かと言われれば、やっぱりそうとは言えない側面もあるし、人の得手不得手によって、ブログの方が全然楽! って言う場合も多いものだ。

甘い夢ではないし、簡単でもなければ楽でもない。
しかし、見方によってはWEBサイトの価値のひとつともされる「アクセス数」と言う障壁を無視できること。
作りこんだ分、結果を出しやすいと言う点も見逃しちゃいけないと思う。

方法は人それぞれだけれども、決してひとつに固定されているわけではない。
本当のノウハウは自分の試行錯誤から生み出し、自分の中で昇華してこそのものであって、それは必ず収益へと結びついてくれるはずなのだ。

甘い夢ではないし、簡単でもなければ楽でもない。
それでも、興味があるなら一度作ってみればいいんじゃないかなと思う。
マネタイズにおける理論も最善手って言うのは、その人なりの方法があって、いくつかの失敗とか、教訓とか、試行錯誤とかのその先にあるんじゃないかなぁ。

LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です