ミラーレスデジタルカメラ「OM-D EM-5」を買ってマイクロフォーサーズデビューしたんだ

2013年11月28日(木)【,
LINEで送る
Pocket

1128top

去年の今くらいからずっと欲しい欲しいとのたまい続けて、ついにねんがんのオリンパス「OM-D EM-5」と言うミラーレスのデジタルカメラを購入したんですよ。ええ、はい。

これを購入するに至るに、散々葛藤を繰り返した挙句、ありがたいことに今年の年末も大忙しになるであろうことから嫁様に「土下座の向こう側」を見せるなどの人にはお見せできないエピソードもいくつかありながら、これまでCanon一択だった僕のカメラ事情に、マイクロフォーサーズ規格のレンズ群も加わることになったわけだ。

そんな感じで、今回は購入の際の思ったこととか云云かんぬんダラダラダラ。

SPONSORED LINK


なぜOM-Dにしたのか

ミラーレスカメラで有名な所で行けば、同じくオリンパス製で言えばPENだと思うし、人気種ならパナソニック、ソニーあたりだと思うんだけど、その中でもテレビCM的にも露出の少ないOM-Dを選んだのには訳がある。

それは宮﨑あおいが好きだからである!(どーん!)

と言う冗談は半分(!)さておくけど、単純に見た目が気に入ったからってのが一番大きい。

むしろ、見た目以外特に何も考えてなくて、スペックは二の次。

これは僕が既に一眼レフカメラと、それなりにちゃんとしたレンズを持っているからってのがあるんだけど、一眼レフみたいにかさばるカメラは何かと不便を感じることも多く、ここぞと言う時にしか使わないようになってしまっていて、出来れば小型で。レンズ交換が出来ることを前提に、昔の一眼レフのようなデザインのものがあればいいなーって思ってた所昨年リリースされたのが「OM-D E-M5」だった。

僕が生まれて初めてちゃんと触ったカメラが、フィルムカメラ時代の「ASAHIPENAX MX」って言う機種で、今でもこれくらいのフォルムが好きなんだけど、かなり近い所にあるなと。

小型でありながら重量感もあって、持ち運びも楽そう。何よりも見た目がいい! ってことで、もう次デジタルカメラ買うならこれしかないなと心に決めていた。

新機種OM-D EM1がこの前リリースされたけど?

10月にOM-D E-M5の後継機となる「OM-D E-M1」がリリースされ、こっちにしなかったの? と何人かに聞かれたんだけど、フォルム的にE-M5と比べてグリップの部分が好みじゃなかったこと、スペックの向上は特に興味がなく、さらに新機種なんて高いし、あわよくば型落ち品としてE-M5が値下がりするかもやん? 的な助平心はあった。

E-M1発売日以降、値下がりにならないかな? と思ってショッピングサイトやオークションを毎日のように見てたんだけど、なかなか値下がらないどころか、お店によっては値上がりしてる所もあったのでこれはヤバいと思い、今のうちに買っちゃえってことで。

購入にあたって相場とか確認して気づいたこと

ミラーレスや一眼レフカメラの多くでは、販売形態として「ボディのみ」「レンズキット(最初から標準レンズがついている)」「ダブルズームキット(標準と望遠がついている)」があって、既にレンズを持っている人はボディのみでいいし、とりあえずは撮影できる状態がいいと言うのであればレンズキット。一通り環境を揃えたいならダブルズームキットと言ったように、ニーズに合わせて選ぶことが出来る。

当初、僕はボディのみで購入し、レンズは自分で別で探した方が安いかなと思ってて、ボディのみで色々探してたんだけど、これが大間違いだった。

2013年11月のOM-D E-M5のボディの相場は大体新品で65000〜75000円くらい。オークションで中古だと、50000円前後で落ち着いている。
この金額があんまり値下がりしないまま売られていて、まだ暫くは大きな変動が無いように思える。

ボディのみで固執していた所があったから、レンズキットとダブルズームキットのことはスルーしてたんだけど、いい加減値段落ちないので新品でいいやと思って調べなおしてみると、大体の相場として

レンズキット:82000円(税込)くらい
ダブルズームキット:84000円(税込)くらい

と、新品でボディのみに対してそこまで大きな金額差がないことに気づいた。

もともとダブルズームキットで13万円くらいだったと記憶してるんだけど、こちらであれば結構大きく値下がりしていたのだ。
ズームキットとダブルズームキットとでは2000円くらいしか差がないので、これはもうダブルズームキット一択だなと言う流れに。

考えてみれば、レンズって値下がるもんか?

レンズ脱着が出来るカメラの場合、本体とは違ってレンズはほとんどで値下がりがない。

デジタルカメラで言えば、フィルムカメラと違ってスペックがデジタルで制御されているから、毎年新モデルをリリースし続けなければならず、スペック的に劣って行くものは必然的に安くなる。

しかし、レンズは違って、保管体制をしっかりしておけば、ずっと使い続けられるものも多い。
最初からそう言うレンズを抑えておけば、以降のカメラ維持コストはぐっと下がってくれる。

で、OM-Dはタイトル通り、マイクロフォーサーズ規格のレンズである。

つまり、同じ規格であればメーカー問わず本体の交換があってもレンズ自体を買い替えなくてもいい
確かにいっぱしの一眼レフ用レンズに比べると不満点は無いわけではないものの、本体のメーカーを乗り換えてもレンズ自体を残せるし、使い回すことも出来るのだから、そんなホイホイ値段が下がるわけではない。

と言う事は、ボディのみ価格と レンズ付き価格において、金額差が少なくなっているのは「ボディ自体の価格が大きく下がってるのではないか?」と。
まー普通に考えたら分かる話なんだろうけど、何分こういうカメラ買うの初めてだったんで…。

ちなみにOM-Dのレンズのお値段は?

OM-D E-M5のレンズキット・ダブルズームキットに付属してるレンズは

レンズキットの場合は「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
ダブルズームキットの場合は「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
(上記リンク先は価格.comの相場価格込み)

で、地味に結構お高い。ダブルズームキットであれば、レンズ代だけで55000円くらいなんだけど、上記の通り、ダブルズームキットであれば現在は84000円くらいで、レンズの価格は基本的にあんまり落ちないことを考えると、本体代は30000円未満となる。

なのにボディ代のみの場合は70000円くらいするんだけど! ってなるんだけど、これはもうダブルズームキットを選ぶしか無いぜ! という事になった。

蛇足だけど、オークションでボディ代が中古で50000円前後から動かないのは、みんなレンズだけ取ってボディだけ売っちゃうのね…。どうりで「箱はレンズキットですが中身はボディのみ」って記載あるわけだよ。
そうだよなぁ! 最大55000円相当のレンズが結果的に安くで買えちゃうってことだもんなぁ! で、レンズの価格って落ちないもんなぁ!

そんなこんなでようやく購入しました。

昨年(主に僕の中で)衝撃のリリースだったOM-D E-M5なんだけど、1年越しでようやく購入することが出来た。

実際に店頭で展示物等を何度となく展示物を触ってたので、特に違和感もなかったし、強いて言うなら「E-M1のグリップも持ちやすさ的には有りかもしれぬ…」程度だったから超絶満足にもほどがあるなと。

まだ実際にこれをもって撮影の旅に! ってのはちょっと今は出来ないんだけど、近日中に新しいカメラを持って色んな所に行くきっかけとなってくれればいいなーと思ってたりする。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です