ここを抑えればなんとかなる?一眼レフの基本中の基本中の基本

2012年05月08日(火)【
LINEで送る
Pocket

最近友人周りでもデジタル一眼レフやミラーレスカメラを購入したと言う報告が聞かれ、使い方教えてーなどとも言われるのだけど、正直僕も素人撮り感結構ひどいので満足に教えることが結構難しかったりする。
が、一応露光や被写界深度、シャッター速度などは多少は理解しているつもりで、とりあえずここを押さえれば、後は応用次第と言う部分だけを紹介してみようと思う。
言い回しやなんやらが実際に使われる言葉とは一部違うかもだけど、まぁ大体ニュアンス的には同じだよってことでご理解いただければと。

基本はオートフォーカスで十分撮影は出来るんだけど、夜景の撮影やシビアな調整が求められる場合、花火の撮影なんかはきっちりとマニュアルで設定してやらないと綺麗に撮れないことが多いので、その参考になれば。

と言う訳で、なんちゃってカメラ講座の始まり始まるー。

SPONSORED LINK


露光の基本はシャッター速度と絞りのバランス

デジタルカメラのパネルを見てみると、大体の場合で「1/250」やら「F5.6」やら「ISO100」やらの数値が並んでいると思うんだけど、基本はこの数字をいじって調整することになる。
最初に覚えておきたいのは

  • シャッター速度
  • F値

の二つで、シャッター速度はその名の通り「シャッターが降りるスピード」のこと。
F値と言うのは人間の目で言うところの「瞳孔」のようなもので、F値が大きいほど周辺からの光を満遍なく拾い、ピント範囲も広くなる。
逆にF値が小さいほど局所的に光を拾い、ピント範囲が狭くなる。

要するに、シャッター速度は「まばたきの速度」F値は「瞳孔の大きさ」と言う解釈でまずはOK。
人間の目は明るいところでは瞳孔が大きくなる→広範囲で光を集める。 暗いところでは瞳孔が小さくなる→局所的に光を集める。
と言うことになるので、明るい場所ではF値は高め、暗いところではF値を低くと言う風にすれば概ね間違いは無い。

それに加えてシャッター速度が絡んでくるもので、シャッター速度が速いほど光は集めにくく、遅いほど光を集めやすい。
しかし、シャッター速度が速いとシャープな写真が撮れるものの、暗い場所では光を集めきれず、ぼやけた写真になりやすく、シャッター速度が遅いと暗い場所でも明るく撮れるものの、手振れがはっきりとしてくる。

どうしても薄暗い場所での撮影が困難な場合
三脚が使用できない場合や、ストロボなども使用できない場所で撮影する場合、薄暗い場所を撮影する方法として「ISO」の数値を上げる方法がある。
パネル側に「ISO100~1600(高級機種だと3200~6400まである)」などの数値が書かれているが、この数値が高いほど暗い場所でも撮影しやすくなる。

学芸会などの舞台演劇を撮影するならISO1600まで引き上げておけば、割と綺麗に撮れると思われる。
が、このISOの数値は高ければ高いほど、写像にノイズが走りやすくなるため、実際にパソコンで見たりプリントしてみたりすると、おかしなノイズが無数に出てきてしまいがち。
要するに、暗い場所で撮影が出来ることと引き換えに、画質は一気に落ちてしまうと言うことだ。

最近の機種ではISOを引き上げてもノイズが走らないように工夫はされているものの、プロスペックでもない限りは劣化は避けられないことは覚えておきたい。
理想は三脚有りでISO数値を許容範囲内まで下げてしまい、固定した状態でシャッター速度を落として撮影すること。
無理ならISOを上げると言う使い分けで。

基準点を作る

上記の通り、マニュアル撮影の基本はシャッター速度と露光のバランスになるわけだけれども、それだけではどういう風に調整すればいいのか分かりづらい。
最も手っ取り早いのが一度AEモード(自動露出)で撮影し、その写真の数値情報を確認すれば、大体の数値を得ることはできる。
面倒であれば、日中に「シャッター速度1/250」「F値5.6」で撮影してみることをお勧めする。
晴れた昼間の屋外であれば、これで綺麗に撮影できるはず。

物足りない写真になったなーと思ったら、上記の数値を基準にし、シャッター速度を早くしてみる、F値を変えてみるなどして微調整をしてみよう。
ただし、レンズによってや、望遠距離などによってF値の幅は変わってくるため、上げ切れない、落としきれないと言う場合はシャッタースピードだけで調整してみることになるだろう。

これは習うより慣れろと言う点もあるので、まずは基準点に設定し、何度も何度も自分なりに撮影を繰り返して感覚を身に着けていくのが一番。

動きの早いものはシャッター速度を上げる

例えば滝や川のような流れるものの水滴を撮影したい場合、シャッター速度が遅いとシャッターが降りるまでに対象物が移動してしまい、どうしても動きがブレてしまう。
これを解決するにはシャッター速度を上げ、一瞬で撮影しなければならない。

ただし、シャッター速度を上げると言うことは光を集めにくくなるため、F値を大きく下げなければならない。
が、F値を下げると言うことはピント範囲を狭めると言うことでもあるため、対象物が大きいとやっぱりピントがずれてしまう。
こればかりはズームを極力引いて撮影するか、もしくはレンズ自体を換えてしまうしかない。

流れを綺麗に撮影するにはシャッター速度を落とす

対象物が定期的な移動を繰り返していて、それを流線的なイメージで撮影したい場合はシャッター速度を落とせば良い。
こちらはシャッター速度を上げるよりは難易度は低く、三脚とリモコンがあれば割と簡単に出来る。噴水なんかでも綺麗に撮ることが出来る方法だったりするので、覚えておいて損の無い技とも言えるだろう。
この場合はシャッター速度を一気に落としてしまうのが良く、それこそシャッター速度「1/4」くらいまで、場合によってはもっと遅くしてしまってもいいかもしれない。

ただし、シャッター速度が遅いということは光を集めすぎてしまい、露光オーバーになってしまいやすいのでF値は限界まで上げておく必要がある。
こちらもレンズに依存する場合があるので、必要に応じてレンズを用意しておく必要があるだろう。

写真集とかにありがちな綺麗な花の写真を撮るには

よく見ることのある「花だけにフォーカスが当たり、その周辺はボケている」写真。
これは撮影モードの花のアイコンを選べば自動でやってくれるのだけれども、マニュアルでする場合は以下の方法で再現することが出来る。

  • F値を限界まで下げる(F2.8くらい?)
  • シャッター速度を「1/250~1/125」くらいにし、ピントが合う範囲で撮影したい物に接近して撮影

なぜF値を下げるのかと言うと、前述の通り、F値は人の目の瞳孔と同じで、数値が小さいほどピント範囲が狭くなる。
ピント範囲が狭くなると言うことは、人の目で言うところの「対象物に視点を合わせる」と同義になるため、ピント中央に合っているものだけが綺麗に撮影されると言う形。

とりあえず、文字数が異常なほど多くなってきたので今回はここまで。
とにかく、まずは「シャッター速度」と「F値」の関係を把握しておけば、後はその調整だけでも様々な撮影が出来るようになるはず。
それに加えてISO数値を調整することで薄暗い場所でもそれなりに撮影が可能になる。
決して難しいことじゃないので、とにかくガンガン撮影して感覚を身に着けていきまっしょい。

次書く時は、もうすぐ夏なので花火について書けたらなーと。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です