フリーランス10年目になるなどしてたりしてました。

2015年04月01日(水)【
LINEで送る
Pocket

0401top

世はまさにエイプリルフールでいろんな催し物が各サイトで繰り広げられていると思うがここではなんもなしだ残念だったな!

あ、誰も期待してない。そ、そう…。

てなわけで、4月1日は新社会人であったり学校によっては入学式だったり社会人的には新年度であったり前年度最後の誕生日を迎える人もいたりするところだけれども、僕も僕とて、フリーランスとして独立して10年目を迎える事と相成りました。よく続いたな!

なんぞか色々書く事考えてたんだけど、ここ数ヶ月随分繁忙期というかありがたい事に多くの案件に恵まれており、思考を形にする時間が思うように撮れなかったので、今回はTwitter上でゆるゆるとフリーランスとしての僕に対しての質問などを募集してみたりして、それについて答えていこうかと思っております。

SPONSORED LINK


Q.将来への不安はありますか?それがあるようでしたら、それへの対策はしてますか?

いきなりヘヴィーなのが来たわけだけれども、将来への不安について。

これについては不安がなくなった日は1日たりとも無いし、こうやって生きている限りは最後の最後まで抱えていくものだと思っている。

その辺りは結構気が小さいところもあって、些細な事で落ち込んだりもすれば不安になる事も多く、時々はもう何もかも投げ捨てて諦めて布団の中にくるまってアタイ春巻きになりたいと呪詛を唱える事もあるのだけれども、こればかりは今後も消える事がないだろうなぁとは思う。それでも、そう言ったもんを抱えてでもできる限りはやって行こうって言う覚悟じみたものとか、諦めに似たサムシング的なものは持てるようになり、気持ちとしては結構楽。

不安を抱える暇があれば働こうって、まーある種の麻酔的なノリはあるけど、不安はあっても悲観はしない。そう言う気持ちで過ごせるようになったのは進歩だなーとは思う。

対策については、各種色々あるんだけれども、このブログで何度となく書いてある通り、個人年金に入ってたり、長・中・短期とそれぞれ積み立てをしてたりと、来年仕事の全てを失っても、将来的にこの仕事から足を洗う事があっても、ある程度は死なない状態にできるよう準備をしていたり、働かなくても一定額の収入を得るためのセーフティネットの構築などは順次進めている感じ。

最近はあんまり話を出していないが、アフィリエイトも安定した状態で収入が得られる状況にあるので、維持するための方法を考えつつと言ったところだろうか。

一応この業界で干されないように技術的なチェックも多少はしてるけど、自分の技術力の向上のためと言うよりは、動向を知っておくためって言う方向にシフトしているところはあるような気がする。

全体的にバランスを見て自分はどう動けば良いのかって言うバランス感覚は絶対に必要なものなので、それを育てながら必要なものを順次揃えている と言うのが現時点の対策かなぁ?

Q.この10年間のしごと道具の変遷は?

当初はDTP屋さんとして独立していたので、最初の最初は印刷に特化した設備になっていた(はず)

すでにMacOSも10になり、PowerMacもG5となっていたところだったが、当時の印刷の現場はMacOS9でPowerMacG4、illustratorもバージョン8が主流だったから、僕もそれに倣っていた。

結婚後も使ってたので、6年くらいはずっとこんな感じだったと記憶している。

Windowsについては独立してすぐに新しいのを購入した。WindowsXPでメモリは1GBとか、その程度のスペックだったと思う。Windows版のAdobe製品を持っていなかったのでもっぱら情報収集用だったが、後にしばらくの間はネットショップ運営用であったり、独学ながらHTMLやらCSSの練習やらでも頑張ったけど、これを使って現在みたいなWeb製作の仕事をする事はついになかった。

結婚後、そのWindowsがいきなりHDDがクラッシュしてさようならしてしまい、嫁さんに泣きついて購入した僕にとって4台目のWindowsが現在も使っている機種である。

もうこの時点でMacの寿命は完全に切れており、さすがにもう仕事をするにも困難になっていたので、当時随分収益が上がっていたアフィリエイトの収入をつっこんでAdobeのCS5フルセットを購入。つい最近までDTPにWebにと頑張ってくれた。この機種が無ければ今の自分は無いであろうと言うくらい頑張ってくれたのだが、とりあえず間に合わせで購入したと言う事もあり、スペック的にもう苦しく、一大決心で以てMacに出戻りして以来はもっぱらブラウザ検証用として役目を果たしているという感じ。

で、現在に至るわけだが、現在はメイン機としてMacmini。サブ機にMacBook Proとなっている。どちらも2012年製なのだが、この時代のApple製品は本当に神がかっている。神がかっている! 2012年のApple最高すぎる! 繰り返すぞ! 2012年製のApple製品is最高だ!

10年でお付き合いしている会社さんはどう変わったのかとか、単価感はどうかとか、10年で自分の中の料金表が変わったか

付き合いのある会社については、実は10年前と今と比べて大きく変化があると言う事は無いなぁ。

最初の最初に付き合いのあった会社は懇意にしていた担当さんの退職と同時に離れてしまったように思えたのだが、つい先日ちょいとした事情でもう一度一緒に仕事する事になってしまい。相変わらず縁はあるようだ。

現在メインで仕事を依頼してくれる代理店についてはもう6年7年くらいの付き合い。

結婚後、仕事がなくてとにかく色んなところに飛び込んでみたんだけれども、その時に知り合った会社についても現在も仕事の取引があったりと、基本的に一度でも長期的な仕事の契約をしてたりすると、本当に長期にわたってお付き合いさせてもらえてるように思う。

あとはTwitterを始めて以来、ご縁あるフリーランス仲間からお仕事を頂いたりする事も増え、僕からも仕事を依頼する事があったりと、現時点では完全に僕がお世話になりっぱなしなのだけれども、持ちつ持たれつ的になんとかかんとかで色んな仕事に恵まれるようになれたのはここ数年で最も嬉しかった事だ。

ちなみに単価については、最初の方は本当に安かったと思う。多分相場の1/6とかでも普通に請けてた。仕事無かったから、とにかく言いなりに近かったように思える。当時は今ほど案件が可視化されてるようなものでもなかったし、伝手も持っていなかったから、足下を見られても仕方ないよな。って言うあきらめもあったかと。

が、現在に至ってはそれも随分様変わりし、多分最も安かった時よりも単価は数倍になった。
と言うより、安案件でもとにかく数をこなしていけば、いつしか時間短縮や効率化が進みに進んでいき、本当にその金額でも労働量的に赤字にならない程度になってしまったので、却って時間に余裕が出来てしまったことがまずひとつ。
数をこなせば小銭は稼げるが、なんかイマイチぱっとしないの、これ絶対僕っち単価やっすいよなーって自己反省すること結構多かった。

もう一つは金額的に考慮をしてくれる人がものすごく増えていったと言うのが大きい。
これまでの僕の仕事からでは交渉の余地すらないだろうなーって言うような金額の案件を提示してくれるなどし、それに応えられるかっていう不安はものすごくあったんだけど、初めて触るCMSでもトライする気持ちでどう? とお誘いを頂いたりし、それらを納品出来るようになってくると、そりゃ自分に自信のひとつやふたつくらいついてくるってなもんだ。

そう言った事を繰り返すとやっぱり全体的な相場観ってのも養われてくるし、出来る事が増えて来れば交渉にも強気になれる。とにかくその繰り返し繰り返しで、地元の代理店であっても怖じ気づく事なく、足下を見られたらその頭ハゲ散らかしてやるぞ! くらいの勢いでいけるようになった。

料金表的なものは年々上がってると思う。上がってる理由は自分の技能の向上もあるけど、それよりも外注さんに仕事を依頼する事が増えてきたので、外注さんにちゃんとした金額を提示するにはクライアントとちゃんとした交渉をしなければならないという気持ちが強いってのもある。僕がこれまで身に余る金額の案件を頂き成り立ってきたところがある以上、僕も同じ事が出来るようになりたい。そこら辺もあって、金額関連についてはかなりシビアになったような。でもそうでもないような? でもまー色々と風通しが良くなった実感がある。

この10年で一番「がんばってよかったなあ」ってことはなんですか?

これについては詳細はまた別件で公開すると思うけれども、資産を持つ事が出来る環境が作れた事だと思う。

フリーランスやってて常々思うのは、とにかく現金を稼ぐのは容易いが、資産を持つ事は途方もなくハードルが高いということだ。

そもそもの社会的信用度が組織人と比べて小さく、青色申告ですら大きな買物は結構困難。100万〜200万円くらいの一般的な乗用車くらいなら余裕で買えるだろうが、資産レベルになるとかなり辛い。

これについては何度も言ってる事だが、フリーランスは組織人と比べて収益を得る手段は格段に増えるので一見すると稼いでるように見えるが、ある一定のラインに差し掛かると急に現金が集まらなくなる。その先を越えようとするには、資産を持つレベルに達するまで前進するか、現金が貯まる程度まで身を削ぎ落とすかどちらかだ。(該当しない、自分はそうじゃないよ?って人ももちろんいるよ?)

その辺りの駆け引きってのは自分の人生や環境と相談なので答えなどないのだけれども、僕個人としては10年かかってしまったわけだが、ひとつの答えをだすとっかかりみたいなものは出来たんじゃないかなーと、その事は嬉しい。

フリーランスというか、在宅の作業だと思うんですが、世間から正しく認知されていますか? 周りから「あの人ずっと家にいるみたいなんだけど働いてるのかしら」とかヒソヒソされてませんか?

これどうなんだろうなー。多分だけどヒソヒソされてるんじゃないかなーとは思う。

あんまり…というか全然気にしてないし、「平日から遊んでるように見えて羨ましいだろ?」みたいなスタンスだし、平日昼間から温泉に行けるとか、もう贅沢以外の何者でもないなって解釈なので、何か言われようとも気にならないと思う。

こういうのって気持ちの問題とか考え方の問題で、結局は「自分に理解出来ない事は否定するしか無い」って人の方が多数だろうから、そう言うもんだと思うのが幸せの秘訣だよなーと。

ただ、「masakiさんって夜勤仕事なんですか?」って聞かれた時はなんていうか、お、おう…としか答えられなかったのは余談としておこう。

この10年間の失敗談など。よかった事のランキング形式で

失敗談について! ってのが一番多かったのだけれども、同時によかった事をランキングに! というご要望を頂いたので、失敗談は関わる人とかの関係で詳細は書き辛い(もっと仲良くなって、おいしいご飯用意して僕に直接聞くんだ!)ので、5位くらいまでサックリと。

失敗談ランキング

5位:誤植騒動
→とにかく文字校正が苦手と言う事もあり、割と結構やらかしてた。

4位:独立3ヶ月目でいきなり企業社長と大喧嘩
→先方の担当者がどうにもいい加減で、最終的に責任放棄で逃げられたので社長に直談判したんだけど、どこで話し方を間違えたか大喧嘩に発展してしまった。独立後初のそれっぽいトラブルだった。

3位:安案件請けすぎた
→金額に頓着が無い時期があって、大抵の仕事はOKOKで請け負ってたんだけど、さすがに超低難易度とは言えHTML+CSSコーディングで10ページ5000円は馬鹿だったと未だに頭を抱える(5年くらい前?)

2位:外注さんに逃げられる
→仕事を依頼していた外注さんが突如として失踪し、先方からの進捗状況確認など相まって結局徹夜して僕が全部終わらせるハメに。その後ちゃっかり戻ってきて金額請求されたさすがに怒った。

1位:ネットショップでお客さんを甘やかしすぎて他店から怒られる
→運営していたネットショップがかなり融通の利く商材だった事もあり、お客さんの要望をホイホイ聞いてたらいつの間にかモンスター化。その後他店様とトラブったらしく「あのお店はやってくれたのに!」とかなったとのことで、他店様から電話かかって来て「お前のところで甘やかすからこんなんなったんやろが!」とマジキレされる。後々知った事だが、そこまで融通利かせるのは業界的にはかなり良くないことだったようで…。(対応出来ないあなたが悪いのでは? は通用しなかった)

良かった事ランキング

5位:仕事に恵まれた
→フリーランス冥利に尽きるよね!

4位:平日昼間から堂々と温泉に浸かれる
→お財布の中も安全で平日昼間から温泉サウナとか、もう至福以外の何者でもない。

3位:「masakiさんにお願いしたい」という案件が増えた
→仕事人冥利に尽きる。自分を選ぶ事のメリットがお客さんにとってどれだけあるのかは分からないが、選んでもらえると言うのは重要な事だと思う。

2位:フリーランス友達が増えた
→いつもは雑談猥談。でも仕事は真面目にっていう間柄で時間を共にする事が出来る人が周囲に増えた事、いざという時は頼っても良い人がいるって環境に恵まれたのは掛け値無しに宝物だと思う。

1位:資産について
→重複するが、ここまでに至れるようになると、なんて言うか昔思い描いたものって実現出来るんだよなって気持ちが強くなるし、なんて言うか報われたとまではまだ行かないかもしれないが、ひとつの達成感がある。
とは言っても、現実現状はまだまだ現金の寂しい貧乏フリーランスではあるので、要精進。

…とまぁ、こんなところだろうか。この辺りは結構私情とか色々混じって上手に話展開出来る自信が無いので、興味ある人は食事にでも誘ってください。

その他諸々

Q.自分の嗅覚を信じて良かった話
A.割と自分の直感じみた物は信じるタイプなので、むしろ直感に頼った生き方をしてる感もあるので、強いて言うなれば独立したって事自体が自分の嗅覚を信じた結果なのかもかも。

Q.長く続けるコツは?
A.やめない限りは勝手に続くので何とも言えませんが、個人的な思想としては「長期的な展望を考えつつも今必要としている事を優先する」ってところでしょうか。
僕っちは特に勉強については一切しない人で、「今この瞬間に必要な事」しかしないし覚えないです。それを積み重ね続けた結果がこれです(良いのか悪いのかはわかんない)

Q.Est-ce que vous avez des croissant?
A.日本語でOK

Q.ツタヤへの道順
A.基本的に車で1本道。時間にして15分くらいですね。

Q.製造業はこれからも日本でやっていけますかね?
A.むしろ今が日本の製造業勝負所なのでは?

Q.おっぱい以外に好きな箇所について
A.鎖骨ですね。

Q.意識高い人ですか?
A.意識低い事を明言しておりますがプライドだけは高いようです。

Q.収入について教えて!
A.もっと仲良くなったら呑みの席でこっそり言う事もあるかもしれませんよ?

Q.次の10年に向けて一言
A.さらに10年こんな仕事してるとか地獄か!

以上、こんな感じですがよろしいでしょうか?

と、いうわけで
今のところは年々仕事としても上々でなんとかかんとか生きています。10年目ともなると節目のひとつかな? とも思うのだけれども、やっぱり目標は例年通りダラダラと。でもするべき事は着実にこなしていきますよ! ってなわけで今後とも皆様よろしくお願い申し上げます。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です