フリーランスは見た目が大事?

2012年05月14日(月)【
LINEで送る
Pocket

フリーランスになった方々、これからフリーランスになる方、いろんな理由があって色んな事情があると思うんだけど、ほとんどの場合は手に持った技術を駆使してそれ一本で飯を食っていこうと言う方達になると思う。

やっぱり一人で飯を食えるようになるには相応に実力はもちろん、コネや独自の手法の確立なんかも必要だったりして、あっさり成功する人もいれば、なかなかに苦戦する人もいることだろう。

僕はと言えば序盤はかなり苦戦したクチで、結構貧乏味わったと言うか、お仕事を待ってることしかしてなかった自分が悪いんだけれども、コネを作るって言うのにかなり苦労したと思う。

その中で、最近になって特に感じたことを書いていこうと思う。
全ての人に適用されるわけじゃないんだけど、あくまで一例ってことで。

技術面のお話は一切無しなんで、そういうのを求めている方ごめんなさい。

SPONSORED LINK


技術があっても食えない人

あんまりそういうことは公表しないし、誰も書こうとしないんじゃないかなーとは思ってるんだけど、すばらしい技術やアイデアがありながら、周囲の環境に恵まれていない、別の要因が阻害して仕事の数が少ないって人はサイレントマジョリティとして結構多いんじゃないかと思う。

いざ仕事を始めようとしても、仕事を回してくれる人がいなければ業務は成り立たないわけで、需要の問題、コストの問題、コネクションの問題とか色々あるんだけど、要するに宝の持ち腐れ状態みたいな。

見た目で損してませんか?

最近特に強く思っているのが、フリーランスこそ見た目はものすごく大事じゃないかなーと。

例えば組織に属している場合、看板としてその組織の存在があるから仕事ができているわけで、それが取り払われたとき、自分の看板と言うのは自分体一つしかないのは当然のことで、クライアントはその看板を見て仕事を回すかどうかを決めるって言うところも確実にある。

最初から長い付き合いで、じゃぁアンタだから仕事を回すよって言う話があればとても幸運なことだけど、申し訳ないことに一つのクライアントで飯が食えるわけでもない。

と言うことは、勇気を持って営業に飛び込まなければならないこともあるわけで、その際に見た目で失敗するとまず仕事は回ってこないと思った方が良い。

なんかのビジネス書で読んだことがあるんだけど
「散髪をしない男とは仕事をしたいと思わない」
と言う一文があって、数ヶ月に1回程度の散髪もする心の余裕が無いのか、ビジネス人と会うための最低限の礼儀として身だしなみを整えることもできないのかなどと思われてしまえば、当然仕事を回したいなんて思わないだろうと言うことはとても理解できることだ。

よって、身だしなみはものすごく大事。
かっこよくして「キャー!素敵!抱いて!」みたいなオシャレをするのではなく、ビジネスパートナーとして信頼できる身なりである必要は絶対にあるだろう。
いや、抱けるものなら抱きたいけど。美女とか。社長の秘書とかいたらさ? みたいな!

スーツを着る人着ない人

フリーランスと言っても様々な職域がある。
直接クライアントとやり取りする人もいれば、契約している印刷会社やWEB会社などから外注要員として仕事を請ける人。
僕の場合は後者なので、基本的には打ち合わせなども全て私服。

打ち合わせもお互いが私服と言うか、製作部の方とのやり取りなので、無理にスーツにする必要も無いって言うのが理由。
あまりスーツを着用することは無い。

しかし、だからと言ってスーツが必要ではないと言うことは絶対に無く、やっぱり最低でも一着は良いものを持っておきたい。

逆に私服であっても、Tシャツだら~ジーンズダボダボ~、ボロボロのスニーカーで打ち合わせに着た人と仕事をしたいなんて思うだろうか。

私服は私服で、ジーンズファッションであっても靴は良い革靴を一足持っておく。間違っても流行のウォッシュ加工の施されたようなものは履かない。
常に上に羽織る清潔感のあるジャケットは用意しておく。サイズはジャストサイズにする。
インナーは基本的に無地にしておくなど、スーツの人を相手にする場合であっても失礼ではない程度にはするべきだろう。

だってさ、スティーブ・ジョブスがB-boyの格好でプレゼンする姿を想像してみると引くでしょ?
ラフなスタイルだからと言って何でも許されているわけではなく、彼のポリシーによるスタイルの結果がジーンズにTシャツなんだけど、絶対に下品ではないはずだ。

能力を見て仕事を依頼するのは2度目から。初回は見た目で決められる

例えばポートフォリオを持参した上で仕事の契約を結ぶ場合であっても、初回は8割方初見の見た目で決められる。

実感として、ポートフォリオの存在が活きてくるのって2回目の仕事以降で、初回は就職活動よろしく、その人の身なりだったりトーク技術だったりの方が強い。

見た目が悪いと言うか、最低限の身だしなみも整えなくて、仕事が結局取れませんでしたなんていうのは労力の無駄もいいところだし、何より収益性の面において明らかな損失であるのは間違いない。

取れるはずの仕事が取れなかった。見た目のせいで。なんて笑い話にもならない。

よって、見た目は大事(2回目)
ルックス云々じゃなくて、「仕事を任すに値する身なりであるかどうか」が大切で、場合によってはちょっと見栄張ってでも良いもの見につけておきたいところだ。

例えば名刺入れ一つにしても100円均一で購入したようなものではなく、ブランド物を用意しておくだけでも印象が大きく変わるって事は往々にしてある話だ。
腕時計にしたってそうだろう。わざわざロレックスやオメガを用意する必要は無いが、それなりに高級に見せられるものを用意したい。

また、意外と大切なファクターなんだけれども、足元はものすごく大切で、靴はこだわっておいた方が良いと言うのが私感。
良い靴はいている方が営業面では絶対得できる。

じゃぁ自分はどうなのか

それなりに小奇麗な身なりを心がけているところではあるんだけど、残念ながら自分は見た目で相当損している部類だと思う。
まず、体格の面で圧倒的に不利と言うか、華奢な体つきなもので、頼りなさそうに見えてしまいがちなんじゃないかなーと思う。

割と運動頑張ってるって言うか、肉体労働完全に無理! っていうことは無いんだけど、貧弱に見られてしまうのは否めない。
と言うわけで、現在は筋トレだったり脂肪を作るための活動と言うか、まぁ肉体改造的なものには取り組んでいるわけで、すぐに結果が出ると言うわけではないけど、せめて見た目「頼れそう」と思ってもらえるレベルにまでは持って行きたい所存。

仕事を取るって、技術は当然大事だけれども、その技術を評価してもらえるポジションにまでたどり着かなければならないわけで、そのための物として見た目を整えると言うのはものすごく大事だと思っている。
せっかく技術があるのに、それを有効に生かしきれないなんて悲しすぎる。

逆に技術に自信は無くとも、見た目の信頼性で勝負できるところも場合によってはあるので、やっぱり自信に満ち溢れた自分を演出したいと言うか、まずはそこから始めてみてもいいんじゃないかなーなどと最近は思ってみたりもするのだ。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です