「これをやりたいと思っている」と言ってる人は来年も同じ事を言う

2012年02月14日(火)【
LINEで送る
Pocket

まー自分のことだ。
今年こそはこれをする、明日こそはこの作業に専念する! などと言いながら、まともに出来た試しなどない。
ちなみに、現在も80ページと140ページの冊子物の受注を受けているが、風邪を引いてしまった上に本日納期の仕事が重なってしまっていたため、結局出来ていない。
初回納品は来週だ。あと一週間しかないよ。どうしよう!

でも、「これしたいと思ってる」と言ってる人の9割は間違いなく来年も同じ事を言っているわけで、したいと思うなら既に行動に移していなければならないって言うのはよく思う。
最近は仕事の打ち合わせとかで「今後、こういうことを取り入れていきたい」などと粋洋々に語ってくれるのは別にかまわないんだが、本当にしたいのなら既に形は作っておき、すぐに持ってくるべきだろう。
したいけど、まだしていないと言うのは基本的に誰かがケツ蹴らないと動かない。
申し訳ないが、僕がそのケツ蹴っ飛ばすには時間も余裕も無いので、他の人に提案でもしてもらってくださいって言うのが正直なところだ。

SPONSORED LINK


僕がしてる仕事と同じようなことを目指している後輩なんかにも「方法を教えてくれ」と言われることがあるが、教えてくれと言うだけで結局動かないのは目に見えているので基本は「適当に頑張ればいいんじゃね?」で済ますようにしている。
したいなら何か模倣でも真似でも何でもいいから一つ何かを作って持ってくるべきだろうに。
で、10人中9人はまず言葉だけで動かないって言うのが基本。
アフィリなんかでも、方法を教えて欲しいと言う前に自分で調べ、まずは1サイトどんな形でも作ってみればどうか。本当に頑張っているのなら、自分なりのコツは教えるし、出来れば馴れ合いみたいなものでいいから楽しみながらやって行きたいものなのだが、今のところ実践できた人はおらず。僕一人丸儲けだよ? いいの? って正直思ってる。傲慢と分かれども。

しかし、決してそれを責めているのではなく、現状維持を望むのならそれはそれでいいと思うし、願望を持つことの大切さも十分分かっているつもりだ。
結局のところ人の弱さってやつで、一時的なモチベーションだけでは燃料にはなりえないってだけの話。
モチベーションを維持するには計画性のひとつや二つは持っておくべきで、自分なりの設計図を構築しておかないと、何をやっても上手く行かないというか、まー途中で諦める。
紙に書け紙に。やりたいことを。そのために必要なものを。足りないものを。時間割を。展望を。願望を目標を未来を。

そこらへんまで頑張って、やっと1日くらいは頑張る気力湧くから。
そして僕はそこまで書いて今日風邪引いたから!

やる気返せこんちくせふ。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

ネットショップニュースなう!
こんなブログもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です