月曜日(だけ)は忙しい

2010年07月26日(月)【
LINEで送る
Pocket

毎週月曜日は仕事の追い込みと打ち合わせが見事に重なっているため、我が四畳半ワークスペースも何かと忙しくなる。
乱れるFAXの山、大量に排出される校正用紙。熱暴走を起こしかねないマッキントッシュに某大手掲示板の専用ブラウザが常時表示されているウィンドウズ。
毎度毎度思うのだけれども、どれだけハイスピードで仕事をこなしていっても締切日に楽できることはほとんど無い。もちろんクライアント様は日々の営業時間の中から最終仕上げの修正を出してくるわけで、僕も追い込みならクライアント様だって追い込みで忙しいのだ。よって文句など言えた物じゃないんだけど、なぜ最終日に限ってこんなにバタバタしてしまうんだろうと言うのは永遠の謎になってくるんだと思う。
特にこの時期はお盆前と言うこともあり、クライアント様も印刷所もお盆休みのために仕事の大半が大型休日進行として動いている。よって、先出しで作る必要性と、極端に短くなった納期との兼ね合いで一気に修羅場になっていくんだけれども、自営業者的にしんどいのはクライアント様と印刷所の板ばさみと言う立場だけで、お盆だろうがドボンだろうがあんまり関係ないのも事実。
単純に双方がおやすみ=自分も自動的に休みになってしまうということだけで、それはそれとして別にやることがあるので暇さ加減を見られて厳しい目線が飛んでくることはないんだけど、それはそれとしてこの不景気どストライク状態では仕事の数的に心が苦しかったりもちょっぴりしている。
ちなみに今年こそは夏コミに行きたいよな!
と友人と話をしていたのだけれども、先月から契約した印刷所では、どうもお盆休みが3日(土日をはさむので賞味1日だけ)しかないらしく、今年の夏は絶賛お互い営業中ということになりそうだ。
どこも大変なんだなぁと思わなくもないが、なんと言えばいいんだろう? お互い
「絶賛営業中だったら仕事よこしなさいよ!」
「昼夜問わず自宅で働いてんだろ? 仕事もってこいよ!」
とかそう言う目でけん制しあうのはやめたほうがいいと思うな。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です