出来るだけ安くデジタル一眼レフを広角対応にしてみた

2012年04月07日(土)【
LINEで送る
Pocket

広角レンズが欲しいと思ったのは今に始まったことではない。
時々仕事で建築物の撮影をすることがあって、難易度の高い業務と言うわけでもなく、大々的に使う写真と言うわけでもないため、標準レンズか、通常の望遠レンズで十分対応できるっちゃぁ出来るんだけれども、建物の高さに対して撮影可能な場所のスペースが狭い場合は標準レンズ最大まで引き伸ばして撮影をしても若干一部が切れてしまい、全体像が撮影できないと言うことがあった。

また、撮影の仕事自体があまり多いわけではないって言うのもあるんだけど、これからちょっと増えそうであるのはもちろん、あと個人的に写真をもっと楽しみたいと言うことで、より広い範囲の写真を撮影することが出来る広角レンズの購入を検討していたのだけれども、結構お高い。

安いものであれば3万円程度で売ってるんだけれども、安価な広角レンズはオートフォーカス機能がなく、全てマニュアルで撮影しなければならなくなるため、スピードが求められる撮影には適していない。
しかし、オートフォーカスに対応した広角レンズになると、5万円6万円でも到底手に入らない代物となってしまうため、色々と手をこまねいていたと言うのが事実だ。

仕事用でバリバリに使うのであれば、是が非でも借金してでも良いのを購入するんだろうけど、そこまでの頻度でもないと言う中途半端さがなんかね、どうもね・・・

と言うわけで、それを多少なりともカバーするため、コンバージョンレンズと言うものを使うことにした。
要するに標準レンズを強制的に広角っぽくしてしまおうという話である。

以下そのお話

SPONSORED LINK


どんなレンズ?

今回購入したのはトダ精光の「DIGITAL KING」と言うコンバージョンレンズ。
コンバージョンレンズとは、通常の一眼レフ用のレンズに装着するアタッチメント式のレンズのことでレンズ本体を買わなくとも、フィルターのような感覚で装着することで「それっぽい表現」を得ることが出来ると言う代物である。
価格も通常のレンズ購入の10分の1程度の価格であり、amazonで6000円くらいだった。

ちなみに一眼レフ以外でも、そもそもはレンズ交換の出来ないカメラでも使えるように考えられているので、探してみるとミラーレスやレンズ口径の大きなコンパクトデジカメ、あとiPhone用なんかもあったりする。


こんな感じ。
各種口径が揃っているので、所持しているレンズの口径に合うものを買えばOK。

装着してみた


やはり広角レンズと言うことで、レンズ自体も結構大きい。
とは言え、装備としてはあくまで標準レンズなんだけれども、背面の液晶の見た目もちゃんと変わってくれた。
しっかりと装着できるので、予想していた と言うか、覚悟していた光漏れや四隅のシャドウなどはなくて安心。
ただし、分かっていたことだけれども、若干歪みが大きい気がする。

撮影してみた

ちょうど外に出ることがあったので、標準レンズのみと広角コンバージョンレンズを装着した状態での撮影比較をしてみた。
ちなみに倍率は同じで同じ角度から同じものを撮ってみた。

思ったよりも差は歴然としていて、広角のほうが全体像が掴みやすくなっている。
しっかりと引いて撮影した感じが出てくれた。

歪みは結構大きいのと、露光にクセがある

こればかりは仕方がない。直接的なレンズではなく、実質余分な1枚のレンズを咬ましている以上は避けられない部分。
とは言え、ここは撮影方法次第でごまかすことが出来るので、ここら辺が腕の見せ所かなと。

コントラストが結構落ちるので、そこら辺はこちらでも見て設定を弄ってみておくんなまし。
デジタル一眼レフで極彩色の写真を撮れるようにしてみた

と言う訳で、自分なりにコンバージョンレンズの比較をしてみたんだけど、ガチな使い方ならともかく、趣味用とか、万が一の応急処置用としては十分使えるレベルだと思う。
金額の割にはっきりとした差を見せてくれるので、標準レンズだけだとちょっと寂しいよなーって方にはぜひお勧めしたい一品と言えるかも。かも。

ただし、一点だけ注意しておきたいのは、レンズ口径は合わせておかないと、どうもダメっぽい。
と言うのも、レンズ口径が合わない場合に使用するアダプターとかもあるんだけど、これ使うとオートフォーカスでもピントが合わないのはもちろん、液晶側も綺麗に表示してもらえないようで、レンズ口径の違うものが複数あっても使いまわしは出来ない。
そこまで来たら、ちゃんとした広角レンズを買うほうがいいかなーと思う。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です