フィットすると気持ちいいじゃない?

2011年08月11日(木)【
LINEで送る
Pocket

いやー日本勝った勝った!
と言うわけで、愛息を抱きながらサッカー日韓戦を見てたんだけど、今の日本のサッカーは見てて気持ちいいなーって率直に思えるところがあって、以前より熱を入れて応援していたりする。
と言うより、個人的にザック監督の采配が自分だったらこうするかなーって言う部分に合っている部分が結構合って、この時間帯で僕なら長谷部と遠藤下げるかなーとか嫁様に言ってたら、本当に下がってた。
偶然にせよなんにせよ、自分ならこうするって言う感覚がピッタリとマッチすると見ていて気持ちいいって言うのはかなりあると思う。
以下、個人的な感想。
ザックジャパンは全部の試合見てるんだけど、歴代日本代表の中でも攻撃力の面で言えば確実に一位だと思っていて、連携の早さ、中にヌルヌル入り込んでいくいやらしさって言うのは豊富な攻撃陣があるからこそ出来る芸当なわけで、それが上手に機能した感じに見えた。
逆に今回韓国はパクチソンがいないって言うだけで物凄い劣化がひどかったように思える。歴代韓国の中でもトップクラスに攻撃力が下がってたんじゃないだろうか。
ただし、DF陣は相変わらずカウンターに弱いってことが露呈されたようにも見えたのが課題かなと。
集中力が切れると、途端に凡ミスが目立つのは見ててハラハラする。高さを持ってる欧米チームに勝とうと思うと、ここら辺はかなりテコ入れしなきゃいけないんじゃないかなーと。
ただ、長友が怪我で欠席してる分、内田、駒野の動きに重要性が増すこと、そしてそれに応えていたのも感じていて、極端な話、長友がいなくてもフィジカル、メンタルの面において欧米勢に負けない力を持つことが出来れば、日本はさらに進化するようにも思える。
内田はまだ若さゆえの荒削り感があるし、駒野はもう少しアグレッシブでもいいと思う。攻撃的に動いても実力を発揮できるタイプなんだし みたいな。でも今回は綺麗に機能してたんじゃないかなぁ。
あと、あまり目立ってないようにも見えたワントップの李だけれども、個人的には、しっかり役割を果たしていたように見えた。
自分で点を取りたいって言う悔しさみたいなものは滲んでたけど、あえてアシストに回る、自分にマークを集中させ、中盤層を動きやすくするって言う動きがあって、その分本田や香川が自由に動けていたって言う印象が強い。さらに、その状況下でもしっかりシュートを撃ててたんだから、今後にも期待できそうだ。
どうでもいい話だが、以前から「韓国戦だったら、僕なら李をワントップに置く」って公言していて、それが当たったのが嬉しい。
総合的に、今の日本代表は以前感じていた「変にスマートさを求めるサッカー」から脱却し、スマートさ(高速で動いていくパスプレイ)+攻撃陣の泥臭さみたいなものが感じられて、見ていて胸が熱くなってくる。特に本田や岡崎のように、何処からでもシュートを撃っていくって言うのは大事で、確実に決められなければ撃たないみたいな「点」の攻撃ではなく、どこからでもチャンスがあれば撃つって言う「面」の攻撃が増えてきているのが嬉しい限り。
次はW杯予選。しばらく眠れぬ夜が続きそうである。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です