こういうときの対処方法は知らない

2011年08月16日(火)【
LINEで送る
Pocket

さて、お盆真っ盛りな今日この頃、暑い日が続いている。
あまりに暑いので脳みそがショートでもしてるのか、先日一緒に仕事をしている人に
「おぼーん とぅ びぃ わいるど なんですよ、これまたね。おぼーん」
などとぶっちぎりダダ滑りなボケをかまして悲しい顔をされたばかりだ。この思いつきだけで何でも口に出してしまう性格だけはなんとかしたい31歳。
で、お盆である。世のパパ様どもは久々の休日を満喫したであろうか。家族サービスの結果、休みらしい休みを味わうことが出来なかったという人もいるのではなかろうか。
僕の場合、一人で仕事しているので24時間年中割と無休で働いているわけだが、クライアント様がお盆休みになると、同時に僕も休みなると言う不思議な連鎖により、ここ数日は暇を持て余していたりする。
まぁ、それはそれとして自分のすることをしていくと言うことに変わりは無く、結局パソコン前で奇妙な文字列とにらめっこしているわけだけれども。
ついでに言えば、保育園もお盆休みに入っており、2日間は休園のため、僕一人で愛息を見なければならないことになってしまったのだが、一個だけ納期に間にあわさなければならない仕事の関係上、さてどうしたものかと思案に暮れてみたりもしたのが週末の話。
ちなみに嫁様は職種上お盆休みが無く、代わりに任意で一週間全部休みに出来ると言う制度の職場のため、日中は目下労働中だ。
愛息と遊びたいがが納期は遅らせるわけにはいかぬ。
どうしようかと言う時に、急遽応援として嫁様の母上様が面倒を見てくれると言うことになった。
我が家で。
と言う事は、家には僕、愛息、嫁母様の3人となるわけだが、こういう状況ってちょっとどうすればいいんだろーと、別の問題を抱えることになる。
嫁母様とは仲がいいので、そこら辺空気が悪くなるとかそう言うことは一切無いのだが、なんと言うか、
「てめー、うちの娘が外で働いてるのにパソコンで掲示板見て遊んでるわけ?」
みたいな視線だけは避けなければならぬ。
体裁だけでも「娘の旦那は頑張って働いているのね!」と思ってもらわなければならないのだ。
いや、どんな仕事をしていて、どういう業務体系でとか全部理解してもらってるし、僕の収入も全て知っているので、働いていると言うか、ちゃんとお金を家に入れているということの理解はあるのだけれども、なんかやりにくいじゃん? みたいな。
要約すれば、僕は自分で勝手に「監視されている」と言う被害妄想の上で四畳半内に居座り続けなければならないわけだ。これがなかなか難しい。昼寝が出来ぬ。
とは言え、こういうときは決まって仕事の能率が馬鹿みたいに上がるため、社会人として、自営業者として一家を支えるものとして当然のあるべき姿だと言うのは分かっているのだけれども、上手に1日を乗り切るには、何かと工夫が必要なようにも思える。
現状として、納期にあわせなければならない仕事があるものの、それが終われば、残りは暇になってしまうのだ。そこが大問題で、納品後に
「いやー、今日の仕事全部終わりましたよー」
等と疲れた表情を見せてアピールするべきなのだろうか。真昼間に。まだ昼飯食った直後だよ? みたいなタイミングで。さすがにそれはどうか。
では、納品をうす~くうす~く引き伸ばして、夕方まで持ちこたえるべきか。
馬鹿か。そんなクライアント様の信用を損なう真似をしていいわけが無い。短納期で勝負するからこそ得られる信用だってあるのだ。
と言う状態だったのが本日の昼のお話。
結局スパ! っと納品し、残った時間を部屋の掃除だけで乗り切ると言うなんとも微妙な時間の使い方で以ってこの難局を乗り切ることになる。なんと言うか、何かと無駄な気疲れだけが蓄積される1日だったような気がするよ。
おぼ~ん。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です