「印刷」と「プリント」を使い分ける人は大体同業者。

2012年05月02日(水)【
LINEで送る
Pocket


簡易的ではありますが、印刷環境のチェックができるチェッカーデータ作ってます。無料でDLしてOKなので良かったら使ってね(要・illustratorCS2以降)

というわけで、もう一本印刷ネタ。

よく作ったものを出力する際に「印刷」って言葉を使うと思うんだけれども、DTP業界に長いこといたりすると、変なこだわりがありーので、自宅のプリンターを使って出力するときとかは決まって「プリント」って言葉を使う。
「印刷」って言葉は本出力のときのみに使うもので、そこには明確なニュアンスの違いみたいなものがあったりするんだけど、これって同業者には結構多い傾向だと思う。

と言う訳でどういうわけか自分でもよく分からないけど、今回は「プリンター」の何がしをこねくり回して云々かんぬん
先に言い訳入れておくと、あくまで一般的なプリンターでのお話ってことで、ちゃんと設定している限りは多少違いがあるかもですよーってことで。

SPONSORED LINK


意外と知られていない「染料インク」と「顔料インク」の違いと比較

例えば、キヤノン製のプリンタって言うのは染料系が多く、エプソン製のプリンタは顔料系が多い。
じゃぁ、染料と顔料は何が違うの? って話になるんだけど、要するに名前どおりの違いと解釈すれば基本は正解。

染料インクは文字通り「染めてプリントする」インク、顔料は「顔にプリントする(=表面にインクを乗せる)」インクと言う形になる。

発色としては染料インクの方が強く、顔料インクの方が弱いけれども、染料インクは紙に染みこませる分、プリント部のエッジが滲んでいるのが分かりやすく、顔料は紙に乗せるだけなのでエッジの滲みが比較的少ない。
家庭用プリンタだと顔料でも多少滲みが出るけど、紙選びと設定を間違わなければかなりエッジが綺麗になる。

キヤノン製プリンタに多いんだけど、黒だけ顔料って言うタイプがあるのは「モノクロの書面を出す際にエッジが綺麗な印字」を表現したいからと言うのがあったりする。
つまり、文書を出すと言うことだけに特化すれば、顔料インクの方が強く、写真グラフィックを綺麗に出したいなら染料インクの方が強い。

K50のグレーの出力の場合、どちらかと言えば染料インクの方が綺麗に見えなくも無い。
ただし、グレーは非常に難しい色で、ほとんどの場合青か緑っぽい感じの薄い色になっちゃうので、そこらへんはプリンタ側のプロファイル設定でごまかすしかないのが現実。
顔料インクの場合、割と綺麗にグレーは出るんだけど、なんかものすごいザラザラした感じになる。これは顔料の特性の問題なので諦めるしかなし。
どちらにしても、家庭用プリンタでグレーを綺麗に出すのは至難の技ってことで。

家庭用プリンターでは綺麗に色を再現できないのはなぜか

最大の理由は「通常のプリンターではCMYKなどの解釈をほとんど行っていないから」と言うことで、要するに家庭用プリンターはモニタに映った通りにプリントするようになっている。
モニタの設定によって違いはあるけど、基本はCMYKやRGBの数字を見ているわけではなく、表示上そうなってるから、できるだけ似たようにプリントすると言うだけの話。
あとはPhotoshopやillustratorの設定、プリンター側のプロファイル設定でかなり変わってくるんだけど、最終出力においてはあくまで擬似的な調整になる。

ちなみに、印刷機においてや、印刷会社の持つレーザープリンターでは色の再現性が高い理由として、「RIP」の存在があるから。
RIPに関しては僕が説明するより「ここ」読んだほうが早いのでご一読あれ。
要するに、RIPを通すことで、印刷用データは内部構造を解析され、数値や設定に見合った出力を行うようになっていると言う解釈でOK。

自宅プリンターで綺麗に出力するコツ

方法は色々あるし、それぞれで各種設定なんかもあるので一概に「この方法が最適!」とは言えないんだけど、ひとつの方法として一度お試しいただければと言うことで。

まず、ある程度知識がある人で多いのはPhotoshopで解像度を350にし、色補正をしてからCMYKに出力してプリントって言う方法。
実はこれ、あまりお勧めしない。ちゃんとした印刷機であれば最良なんだけど、自宅プリンタの場合は上記の通り「モニタに映ってる通りにプリントする」性質があるので、わざわざ彩度を落とすCMYKに変換する必要は無かったりする。
あと、Photoshopからのプリントアウトはかなり簡易的な機能しかないので、相当に設定を細かくしておかないと、大抵おかしなことになる。

一度やってみてほしいのが「RGB」で「tif形式」をillustratorに埋め込んで出力。
確実に効果を得られるかどうかは断言できないけど、CMYKのJPGを出力してみて「あれれのれ?」ってなったら試してみてね。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です