illustratorのバージョンダウンにはご注意

2012年05月04日(金)【
LINEで送る
Pocket

まぁ今更需要のある情報とは思えないんだけれども、とりあえず備忘録的なメモとして。
普通に考えれば当然と言うか、別に気にならないんだけど、「データ納品」を前提にすると、結構厄介になるかもしれないって言うお話。

印刷業界ではまだまだ古いバージョンのillusratorが現役だったりする場合も結構多く、出力所に持って行くと、対応バージョンが8だったり10だったり、良くてCS2だったりすることが多いんだけど、地方の一族経営的な印刷会社では8でって言うところは結構あったりする。

が、最近では個人の方が設備が良い場合も多く、フリーランスではオープンタイプフォントを入れている人もいるわけで、かと言ってバージョンを落として納品って言う形になると不具合が出る可能性があるから、出来れば出力所の環境に合わせておきたいと言う事で古いillustratorを引っ張り出して業務をするって人もいるんじゃないだろうか。

SPONSORED LINK


おかしなところで出てくるトラブル

基本的にどんなものソフトでも同じことが言えるんだけど、保存形式をバージョンダウンさせると、どこでどんな不具合が出るか分かったものではない。
Photoshopではすでにバージョンを落として保存することが出来なくなっているので良いんだけど、illustratorの場合はそういうわけにも行かないため、現在でも古いバージョンの形式で保存することが出来るようになっている。


illustrator7、5.5、5が無いのはWindowsでは販売されなかったため。

しかし、これで印刷所とバージョンを合わせておけば万事解決と考えられるけれども、それは甘く、どこでどんなエラーを吐き出すか分かったものではないため、必ずJPGや出力見本としてカンプを用意しておくのが通例。
フォントもアウトラインを取ったものを出すのが基本だけど、万が一編集の可能性を考えて未アウトラインデータも用意しておくのが望ましい。

僕の場合、出力所の環境がillustrator8を推奨しているため、それに合わせてデータを作るのだけれども、納品した未アウトラインデータを元に新しくデータを作る際、ここでひどい目にあってしまった。

配置フォントがおかしくなる

まず、illustratorCS以降? から、10まで存在していたフォントの「詰め」機能がなくなっており、代わりにオープンタイプフォントのオプションとして「プロポーショナルメトリクス」と言うものに変わっている。

何が問題かと言うと、「詰め」オプションではほぼ全てのフォントの空白の一部を取り払って文字を詰めることが出来たのに対し、「プロポーショナルメトリクス」はオープンタイプフォントでしか適用できないようになっている。
そのため、ダイナフォントのtruetype版とかはこの時点で使うことが出来ても詰めが出来ないため、手作業で無理矢理ごまかしてしまうしかない。

しかし、それは別に良い。こちらもモリサワのオープンタイプフォントを入れているため、特に問題は無いんだけれども、その逆の場合。
つまり、illustratorCS5で作ったデータをillustrator8にバージョンダウンして保存し、改めてillustrator8で開くと・・・


フォントオブジェクトバラッバラ。

分かる人しか分からないかもしれないんだけれども、特に下の文字。1文字ずつが別のオブジェクトになってしまっており、一列文字を全部コピペで入れ替えたいと思っても出来なくなってしまっている。
これはCS5の方で「プロポーショナルメトリクス」のオプションを入れている際に起こる現象で、要するにillustrator8や9ではオープンタイプフォントに対応していないためにこうなってしまうようだ。
プロポーショナルメトリクスを入れていない文字列に対してはそれなりに揃ってはいるものの、「!」や「()」などの記号や一部の機種依存文字においてはやっぱりバラバラになる。

ちなみに半角英数についても旧バージョンだと文字化けが起きる。

納品時に間違わなければかまわないんだけれども・・・

最終的に出力用の納品データはアウトラインを取るので、フォント情報は別に問題ないのだけれども、作成用の未アウトラインデータまでバージョン落としてしまうと後で泣きを見ることになるのがひとつ。
もうひとつは、最新バージョンで保存すると、ただのaiファイルなのに容量がものすごく大きくなってしまうのは非常に困るのだ。
例えば同じaiファイルであっても、illustrator8とCS5とでは、保存時のファイルサイズが10倍違う。
これって結構地味なところでダメージを食うわけで、いらない情報とか破棄して軽くできないものかと常々考えてしまっているわけだ。

特に前回データを使いまわして編集を行うことが多い定期の仕事だと、あっという間に容量割り食われてしまい、後になって整理が大変になってしまう。

これだから最新バージョンは・・・

いつも言ってる事だけど、システムは常に快適に動かなければシステムと呼んではいけないわけで、追加された機能や求める機能に対してある程度の取捨選択をさせて欲しいよなーって思うことは結構多い。
保存オプションとして残しておきたい内部情報と、破棄してかまわない内部情報とかも選べれば割とデータを軽くすることも可能な気がするんだけど、どうなんだろう。できるのかな?

少なくとも、Adobeが旧型を完璧に無視しきった方向に舵を取り始めている以上、こちらもそれにあわせなきゃいけないんだけど、こちらはともかく物理的に巨大な印刷機を持っている印刷業界全体として難しいものは難しいわけで、そこの兼ね合いをどう取るかってのを現在色々考え中。
せっかく高いお金払って最良のフォントを使っているのだから、ここを何とか解決したいとは思っていたりする。

とりあえず、実家帰ってillustrator10取ってこようかなと。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です