モンハン4Gで太刀を使っているお話しましょうね(モンハン Advent Calendar 2014 11日目)

2014年12月11日(木)【
LINEで送る
Pocket

前回に引き続き、今回もアドベントカレンダーから、モンハン Advent Calendar2014 11日目は四畳半の遊び人ことmasakiが担当させてもらいますよ!

僕はモンスターハンターは昨年9月に発売された4からの参戦なんだけれども、この1年とちょっとで色んな狩りを楽しませてもらい、今も同時購入した嫁君と夫婦二人で狩りに出かけたり、友人や友人の友人など、色んな人たちとの交流のきっかけとしても良いゲームだなーと思ってまふ。

今回はそんな僕がメインで使っている「太刀」について語っていきまっしょいな。

SPONSORED LINK


モンスターハンターにおける「太刀」とは

太刀はその名の通り太い刀ってやつなんだけど、似てそうな武器として「片手剣」や「大剣」が用意されているものの、全くの別物。

人によって解釈は色々あるかと思われるけど、片手剣と大剣の中間くらいな位置で、片手剣に劣るものの攻撃手数は多く、大剣に劣るものの攻撃力もかなり高いという、悪く言えば中途半端。よく言えばいいとこ取りという立ち位置。太刀だけに。太刀だけに。太刀だけに。

攻撃力自体は大剣の2/3くらいは確保出来るので、ソロでもガンガン攻め込めるし、仲間と狩りでも主戦力として活躍出来る性能を秘めている事。さらにリーチもそこそこあるので立ち回りやすいという魅力もさながら、武器所持中でも走る事が出来る(高攻撃力の武器は走れない場合が多い)ので、機敏に動き回りながら高火力で攻撃回数が多いと言うのは初心者にとっても扱いやすい武器のひとつとしてあげられているほどだ。

しかし、欠点として「ガードが出来ない」「コンボ中に仲間ごと吹っ飛ばしてしまい迷惑をかけてしまいがち」というものもあり、個人的に使いやすくはあるものの、ちょっと敬遠されがちな武器でもあったりする。

特に仲間を吹っ飛ばすと言っても、4Gから追加された「ぶっ飛ばし→乗り攻撃」が出来ると言うことはなく、ただ仲間を転けさせてしまうだけで迷惑極まりない扱いを受ける事もあったりと、ある意味で不遇な武器とも言えるかもしれない。

頼られる太刀使いになりたい

パーティ組んで狩りをするのであれば、やっぱり主戦力として役立ちたいし、相応に攻撃力を持った存在でもあるのだから、コンボ中に仲間を転がしてしまわないように立ち回りを考えて攻撃をして行く事が重要なポイントとなってくるのが太刀の極めどころ。

近距離武器でありながら敵と味方の距離感を掴む必要があり、かつ有効打を的確に決めていかなければならないと言うことで、初心者向けの武器でありながらも、ガードが出来ないので回避行動だけで敵の攻撃を避けつつ…といった、突き詰めるほどに高度な戦略を求められてくる。ゴリ押しで攻め込めるだけの力はありながらも距離感は常に見ておき、大事なところで一気に攻め込める。

そんな太刀使いに私はなりたい。

今のところ、仲間を転がしてはごめんなさいする日々である。

そんな僕の太刀装備変遷(防具)

太刀は前提として
・武器を持っている最中も走る事が出来る(ダッシュは出来ないけど)
・攻撃力が結構高く、手数が多いので属性攻撃を有効に活かすべき。
・ガードが出来ないため、回避スキルをなんとかしなければならない。

と言うことを踏まえ、僕の装備変遷(防具)を紹介しよう。

モンハン4までの最終装備

1211monhan01

・クロオビヘルム
・ナルガメイル
・ゾディアスアーム
・ゾディアスコイル
・メイドソックス(男の場合はギルドナイトブーツ)
+回避性能+1の装飾品
+お好みのスキル+10になる護石

■スキルセット
回避性能+3 回避距離UP (鈍足(マイナススキルなので装飾品で消す))

これはモンハンをしている諸兄方にはお馴染みのいわゆる「ナルガテンプレ」というやつで、ナルガメイルには回避距離・回避性能が高くついており、その他の装備は全て「胴系統倍加(胴)」というスキルがついている。
同系統倍加スキルが4つあるので、胴についているスキルが5倍になると言う計算。

ナルガメイルには最初から「回避性能+3」「回避距離+2」がついているので、これが5倍で「回避性能+15(回避性能スキル+2)」「回避距離+10(回避距離アップ+1)」となり、さらに唯一の装飾品スロットに「回避性能+1」の装飾品をつけると、これも5倍になって合計値として「回避性能+20(回避性能スキル+3)」になるので、一気に戦いが楽になる。

これはモンハン上級者からは「ゆとり装備」とも言われており、ゲーム性が一気に変わってしまったりするのでアンチ派もいたりする。

とは言っても、初心者的にはこの装備は非常にありがたいので、当時ほとんどモンハンを知らなかった僕はこれを目指す事にし、そのまま1年経過してしまった。

ちなみにクロオビヘルムはちょっと素材集めが面倒なので、どうしても手に入らない場合は「スカルヘッド(すぐ手に入るけど見た目ひどい)」か、イベントクエストで手に入る「伝説Jハット」で代用してもOK。

4Gになるにあたって変更した装備その1

1211monhan01

・クロオビヘルム
・ナルガXメイル
・ゾディアスアーム
・ゾディアスコイル
・カブラXグリーブ
+回避性能+1の装飾品
+お好みのスキル+10になる護石

■スキルセット
回避性能+3 回避距離UP 弱点特攻 回避距離UP 隠密

同じく回避性能と回避距離に特化した装備。と言っても二つしか変わってない。見た目も変化無し。
単純に防御力が4の時の装備では足りないが、かといってG級狩りでより上位装備を揃えようにも敵が強すぎるので…という苦肉の策装備になってしまった。

前回から変更したナルガメイル→ナルガXメイルは単純に上位装備変更。メイドソックス→カブラXグリーブも同様に同系統倍加スキルのついた装備なので、スキルセット自体に大きな変更はなし。

ただ、ナルガXメイルには隠密スキルがついており、ちょっとだけ敵に狙われにくくなるので、回復・粉塵役も割とこなせるのは嬉しい。
しかしこの装備でも防御力が500台より上は目指せそうにないので、早々にさようならすることに。

ここからが本番で、G級狩りもこなれてくると様々な素材が集まるようになるので、4でも脅威だったモンスターをなんとか狩り続け、作った装備その1がこちら

全部G級中盤素材装備

1211monhan02

・ナルガXヘルム
・クシャナXディール
・ナルガXアーム
・クシャナXアンダ
・ナルガXグリーブ
+装飾品色々やお好みのスキル+10になる護石

■スキルセット
回避性能+3 見切り+1 切れ味レベル+1 回避距離UP 隠密

4の時までは標準でついていた、ナルガテンプレのもう一つのスキル「切れ味レベル+1」だが、4Gになる際に仕様が変更され切れ味レベルがつかなくなってしまった。
そのため、従来のナルガテンプレでは砥石を大量に消費してしまう事、太刀は手数が多い分常に攻撃力を維持するために切れ味も疎かにできないので、どうしても切れ味レベル+1を取り戻したかったと言うことで用意してみた。

防御力も600台後半になり、武器の種類によっては防御力が付与されるので、それと食事効果を合わせて防御力700越えを達成。さらに回避性能・回避距離が高いので死ににくく、高火力というなかなか良い感じ。
さらに装飾品スロットも多いので、護石と合わせて多様なスキル展開が出来るのも魅力的なポイントだと思う。

そして最後に、現在の装備(2014年12月現在)

1211monhan03

・ウカムルXサクバケ
・カイザーXメイル
・ウカムルXサクンペ
・カイザーXフォールド
・ウカムルXケマル
+装飾品色々やお好みのスキル+10になる護石

■スキルセット
回避性能+1 心眼 切れ味レベル+1 弱点特攻 回避距離UP 耐震

通称「ウカウカウ(頭文字を取っただけ)」この装備は全てレア度最高になっており、防御力も簡単に手に入る鎧玉だけで700台に乗せる事が出来るので、ここまでくれば防御力の事はあんまり考えなくていいかなーと。
これ以上の敵になると、これだけ防御力あっても攻撃一発即死とか割とあるので考えるだけ意味なさそう。

スキルとしては回避性能は上記より下がるので回避行動は集中しないとならないが、回避距離UPは維持。
切れ味レベル+1に加えて大型モンスターの地団駄(?)対策として「耐震」、攻撃が通らない固い敵対策に「心眼」がつくので、立ち回り方が巧くいけば、これ以上装備を変える必要性はそんなになさそう。

特に重要視したかったのが、ガードが出来ない以上回避だけで敵の連続攻撃や接近攻撃を防がなければならない事。さらに手数が多い分砥石使用量も多く、攻撃力の維持が割と大変だったりすることから切れ味も確保。

最終的に太刀は中途半端に攻撃モーションが大きく、一旦攻撃が弾かれてしまうとしばらく弾かれモーションが続いてその間に攻撃食らって死ぬ みたいなパターンは避けたかったことを踏まえると、今の装備が盤石な感じがするなーと。

それでも死ぬときはあっさり死ぬけど。
(先日、ウカムルバスとかいうやつの強い版を狩りに行って開始2秒で死んだ)

太刀をするなら持っておきたい武器!

最後に、数ある太刀の中でも常用している武器を紹介して今回は終わりと言うことにしておこう。

出来れば属性武器に関しては確実に手に入れておきたいのは当然。
太刀はとにかく攻撃力の高さと手数で勝負出来る武器なので、属性攻撃が付与されていると、その分与えられるダメージも一気に大きくなる。

G級序盤で集まる素材でも4の上位武器以上のものになるから、まずはここを抑えるとして、順次改良していく感じ。

その中でも特に持っておきたいのは

●パラジグドエッジ(ガララアジャラ素材)
通常では生産リストに出てこないが、「骨刀【豺牙】」を強化していくと派生していく麻痺武器。
太刀と特殊攻撃武器はかなり相性がよく、何度も書いているが攻撃手数が多いので割とあっさり麻痺してくれる。

パラジグドエッジはG級序盤ですぐ作れるし、麻痺もかけやすく、さらに防御力+20あって攻撃力も800台と、極めて万能な太刀だ。
属性武器を集めるの面倒! って言う場合も、これだけは作っておいて損はない。

麻痺武器としては次点として
●龍木ノ古太刀

もあるのだが、パラジグドエッジより攻撃力が高く(858)、切れ味のゲージも長いため、砥石使用量を若干抑えられるものの、装飾品スロットが2つしかないこと、パラジグドエッジと比較すると防御力が-20で攻撃力が+33という感じなので、スキル構成次第ではパラジグドエッジの方が有用な気はする。

属性武器はそれぞれモンスターを撃破していくごとに素材が集まっていくので、攻略サイトを見ながら集めていけば良いんだけど、個人的には太刀で属性解放装備と言うのはあんまり使える気がしないので、それは無視しても良いと思う。

が、中でもとりあえず頑張って作っておこう? と言う武器が

●ダオラ=ストーム
●帝王刀

の2本。

これは「風化した太刀」を持っていなければ強化出来ない武器で、さらに使い物にするためには大量の大地の結晶(合計100個)を用意しなければならないので、結構諦めてる人が多いとか聞いた。

が、それを乗り越えると、一気に使える武器となり、最終進化系は氷属性として最強の武器のひとつである「ダオラ=ストーム(クシャルダオラ素材)」に、さらに4Gからの新派生で、最強の爆破太刀を作る「帝王刀【陽炎】(テオ・テスカトル素材)」ルートもある。

多分作るのが大変と言うよりは面倒な武器なので、なにかと手に入れる事を敬遠する人もいるっぽいが、攻撃力が高く汎用性の高い装備なので是非持っておきたいところだ。

一狩り行こうぜ!

と、いうわけで。

今回は趣味ぶっちぎりでモンハンしていない人にはなんにも面白くない話となってはしまったが、今でも狩りはしょっちゅう出かけてるし、オンラインでも友人と遊んでいたりするので、もしご縁があれば一緒に一狩り行くのもいかがなものか。

まだフレンド登録したけど一回も一緒に狩りに出かけた事がないって人も多いので、早くそんな友人たちとも共に狩りに出かける日を夢見たりもするものだ。

さぁみんな、一狩り行こうぜ!(主に深夜だけど)

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です