急遽新しいiPhoneなどを購入したんですけれどもね

2015年03月06日(金)【
LINEで送る
Pocket

0306top
画像は特に意味はないです。

突然だが、3年半ほど愛用してきた名機・僕のiPhone4Sのスリープボタンが盛大にぶっ壊れてしまい(ボタンがへこんで押せなくなった)、急遽新機種に変えざるを得なくなってしまった。

何度も書いているので何度かこのブログに来訪された事のある人ならご存知だと思うが、僕のiPhone4Sは当時では割と珍しいSIMフリー機で、無理矢理docomoで運用していたこともあったり、それを題材に記事書いてそこそこ読んでもらえたりするなど、結構思い出深いものだったのだが背に腹は変えられぬ。

と言うわけで、再び僕も通常のキャリア運用的な感じで出戻りしちゃいましたんですよ!

SPONSORED LINK


それは突然のことだった

その日は嫁さんの車、10年選手だしそろそろ新しいの買おうかー(おんぷ)

などと浮かれポンチにディーラーにて試乗会などに足を運んでいたときなんだけど、その商談中に何気なくiPhoneをいじってたら違和感を覚えるなど。

手慣れた感触であるはずのスリープボタンがどう頑張っても押した実感が湧かず、「???」と、何度となくカチカチしようとしても音沙汰無し。当然スリープモードにもならない。

この状態だと、一度ホームボタンを押して立ち上げてしまうと、自動でスリープモードに入るのを待つしかなくとにかくバッテリーを食われ続けるわけで、当然だがiPhone4Sが発売されてすでに3年半弱。発売してすぐに購入しているので、最早バッテリーには力もほとんど残っておらず1日に数回充電しないとすぐに電源が落ちてしまう状態ではあった。

ご存知デジタルジャンキーであるところの僕っちだから、車の商談? なにそれ美味しいの? 的な感情に支配され、冷や水を浴びせられる事になってしまうのだが、冷静になったからこそ、今年の上半期の段階で自分の車の税金、確定申告のための税理士さんへの依頼料、モリサワフォントの更新、税金の支払など諸々被さって車購入どころの話ではない事が思い出され、もう一年、もしくはもうちょっとタイミングを考えて、もう少しだけ今の車で頑張った方がいいという結論に落ち着いたのは怪我の功名ってやつかもしれない。よく分からんけどまぁそんな余談もあることだろう。

何気に困るデバイス不足

今のご時世でWeb製作等を生業としてると、モバイル端末は用意しておかないとならないし、いざと言う時に本格的に壊れてスマートフォンでのWebサイト動作チェックができないと言うのは困る。

すでに現時点でもうスペック的にも動作的にも苦しい状態だったiPhone4Sだったので、もうこれはきっかけなんだろうなと言う事で思い切ってその日のうちに新しいiPhoneに変えてしまおうと言う事になった。

嫁さん的にも仕事で使うなら仕方ないし、どちらにせよ今年変えるつもり(9月に新しいiPhone出る予測のもと)だったならいいんじゃない? ってことで、諸々の用事を終えたその足でドコモショップへダッシュする事に。

ちなみに、仕事に関する下りは全て言い訳であり、仕事で使うか? と言われれば使うが、代替方法はいくらでもあるのでこの辺りは方便とでも思ってくれたまえ。

思ってるより高かった使用料の壁

これまで僕はiPhone4SがSIMフリーだったと言う事もあり、さらにLTEのような高速回線が使える環境でもなかったので、モバイルWi-Fiとの併用で運用していたのだが、その時のドコモへの使用料金は月額1600円。これが全てだったのだが、従来通りの運用方法となるとデータプランを用意しなければならないし、さらに今は新プラン移行と言う事で、国内通話ならかけ放題だが月額2700円かかると言う事で、いきなりの利用料3倍額である。

これは僕の目算が甘かったのだが、嫁さんが使っているデータプランと共用でいけるはずと踏んでいたのだけれども、実はそれが出来るのは「嫁さんの回線+サブ端末(iPadなど)」で、僕とは共用できないのでそれぞれでデータプランを契約しなければならない。

もしも共用したい場合はファミリープランが用意されているが、月額いきなり税込み1万円越えなのでお話しにならない。

ざっくり計算するだけでも、通話かけ放題プラン(2700円×2台分)+データ通信ファミリープラン(9500円+端末追加代500円)で馬鹿かと。さらにそこにiPadの利用料がかかるので、2万円近くになる。
ドコモの新料金プランに変更してお安くなったのでiPad Airを買ったりするなど

ドコモの例だと、金額詳細は下記にて
料金:新料金プラン | iPhone | NTTドコモ
パケットパック

上記の計算に加えてさらにモバイルWi-Fi代がかかるので+4000円。今のご時世でモバイル端末にそこまでお金をかけるもんなのかと正直目を疑ったものだ。

と言うわけで、色々考えた結果、外出先でノートパソコンを使うときはテザリングを併用し、モバイルWi-Fiは契約を切ってしまう。
データ通信はほとんど家にいるし、毎月1GB使うかも怪しいレベルだったので、最低限のプランでいいだろうと言う事でなんとか金額の帳尻を合わせ、現状と同等の金額で契約出来るようにしてみた。

iPhone6にするか、iPhone6plusにするべきか

ドコモポイントが大量に貯まっていたのでどっちにしても金額が変わる事がないので選び放題なのだが、僕の観測範囲ではiPhone6plusのでかすぎる感ハンパなさが結構聞こえてきて、数で言えば圧倒的に6の方が多い。

僕も仕事でサイト検証をするなら持ってる人の多い方を選ぶべきだと思うし、何よりでかすぎというもどうかとも思ったので、一瞬だけ逡巡した結果

iPhone6plus買いました。

うん、でかいの正義。とりあえず大きいの下さいっていう。
昔から携帯電話買うときも「一番派手なの下さい」って言ってたから、これもう性分だなと。

そんなこんなで料金プランさえ決まればあとは早く、壊れたその日に新機種iPhone6plusに乗り換えたのであった。

頑張って長く使うぞ

やったぜ新機種だ! これでワイも最新鋭や! って喜びたいところなんだけど、予想だにせずiPhone4Sが壊れてしまった事、あと半年とちょっと頑張ったら新機種が出るであろうと言う事、さらにとにかく考えに考えをつくして自力でSIMフリーを手にし、運用方法を作り上げたと言う事もあって前機種の愛着はかなりある。

それもあって、あんまり自分の中で感動的なものがないというか、まー所詮は電話なので35にもなろうオッサンが一喜一憂するのもどうかという話ではあるが、なんだか淡々と機種変更をしたという感じだ。

iPhone4Sはもう電話として使う事はないかもしれないが、それでも可能であれば修理に出すつもりだし、見積もりを取っていたりして、あわよくば最近ブームっぽい格安SIMのデータプランでちゃっかりテザリング専用機にしてもいいかもしれないと考えてみたりもしている。こういうときSIMフリー機っていいね。

ともあれ、長らくお世話になったiPhone4Sも隠居の身となり、あとはのんびり必要な時だけ使うというお役となることであろう。
今見直してみると、iPhone6plusがでかすぎる事もあってか、小さな携帯だなーと思わなくもないが、電話としての用途ならこれくらいの大きさがちょうどいいかもしれない。

さっそくではあるがiPhone6plusの大きさにちょっと戸惑っている。
が、しばらくというか、壊れるか、スペック的に使い物にならなくなるまで使い倒すつもりではあるし、これから頑張ってプライベート用に仕事用に遊び用にと活躍して欲しいものである。

いつこの大きさが自分にとってストレスとなるか、もしくはすっかりこの大きさに慣れてしまい、今後はこれくらいの大きさでないと満足出来なくなってしまうのか。先の事は分からんが、ぼちぼち使い倒して行こうかと思う。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です