ひと味違うカオスな世界が素晴らしい!天下一品五条桂店(一番好きなラーメン屋 Advent Calendar 2015)

2015年12月09日(水)【
LINEで送る
Pocket

さて、アドベントカレンダー3つめ。

一番好きなラーメン屋 Advent Calendar 2015の9日目を担当します、結婚してからと言うもの、インスタントラーメンの汁を飲むとかちょっと考えられないと嫁さんに言われ続けて、ついに麺しか食べなくなってしまったところのmasakiです。

お蔭で健康的な生活を送れてます。

と、いうわけで、タイトル通り、今回は僕の一番好きなラーメン屋であるところの「天下一品五条桂店」について語ろうかと思いますよ!

SPONSORED LINK


天下一品とは

もはや説明するまでもない、日本で最も有名なラーメンチェーン店のひとつといっても過言ではない、京都生まれのラーメン屋さんである。

京都で生まれ、今では日本全国に店舗を有する、「こってりラーメン」の祖でもあるとされている。

まぁほとんどの人が一度は天下一品のラーメンを食べたことがあるだろう。

ちなみに僕はこってりよりあっさり派で、多くの人に邪道扱いされるものの、普通にあっさりの方が美味しいぢゃん。というか、僕が好きなのはラーメンと言うか中華そばなんでほっといてはくれまいか! と言う気持ちでもあったりする。

数ある店舗の中でも異彩を放つ、五条桂店

で、その天下一品なんだけれども、基本メニューは必ず置いてあるものの、店の方針なのか店舗ごとにオリジナルメニューがあったりすれば、味付けや盛り付けが微妙に違ったりするもので、中には「美味しい天一」と「微妙な天一」が混在しているなど、なぜ王将といい、京都発のB級グルメチェーン店はこんなにも自由なのかと言わんばかりだが、まぁお店ごとのオリジナリティがあったりするものだ。

その中でも、他の天下一品とはちょっと違う、なんて言えば良いか上手な表現方法が見つからないが、一部の愛好者によって支えられている(と、個人的には思っている)お店が「天下一品五条桂店」である。

単なる天下一品チェーンのうちの1店舗でしかないのだが、その割に来店するには地味にハードルが高い。

まず、立地条件がかなり悪い。対向車線側からお店に行くのはほぼ無理な道路事情であること。

じゃぁ本道から入れば? と思うが、最近開通した2車線道路のうち、右側車線を走るとそのまま地下トンネルに突入してしまい、トンネル内でお店を通過してしまう。よって、左側車線からしか入れない。

この時点で商売気が感じられない。

いや、それもこれも、つい最近開通した2車線道路が悪いのか…? と思われるかもしれないが、10年以上前からつい最近までかけて、その2車線をいつ終わるともしれない永遠のような工事を続けていたので、最初からこのお店は立地条件が悪いままだった。

それでもこのお店は生きている。つまりはそう言うことだと思っていただければ幸いだ。

僕の文章力的に言葉だけでは伝わらないので、Googleストリートビューのキャプチャーを用意してみた。興味のある方はリンクも用意しておくので、周辺を確認してみるのもいいだろう。

tenichi-streetview
ストリートビュー

天下一品五条桂店の店内は?

ストリートビューを見ていただければ分かるが、これは本部の方針なのだろう。
看板だけが無駄に綺麗だ。LED電飾とかある。

昔はもっとカオスだったのだが、こればかりは本部の方針と思われるので仕方がない。

ただ、店内は非常に昭和の中華飯店という感じで、これは今も昔も変わらない。

昔懐かしいカウンターテーブル。

無駄に広い店内。

ちゃんと床掃除しておかないと油で滑りそうな厨房の石タイル。

なんかペトペトしてる気がするテーブル。

ちょっとこの水大丈夫? と潔癖性な方には戸惑いを覚える古いウォーターサーバーとコップ(いや、大丈夫だよ?)

何もかもが昭和である。

そして適当なカウンター、ないしはテーブルに座って一息つく頃に耳に入ってくる、演歌オンリーの有線、ないしはMr.Children縛りの有線、ないしは浪曲の有線。

運が良ければ80年代後半〜90年代前半の歌謡曲を楽しむことはできる。時折流れてくる若かりし頃の松田聖子の歌に酔いしれるにはいいかもしれない。

店内BGMは以上だ。なにかローテーションしてるのかもしれないが、十数回この店お訪れて、このパターンが崩れたことはない。

いつ来ても最低一人〜1組以上のお客さんはいるが、天一の日(10月1日のみ、ラーメンを頼むと次回来店用にラーメン無料券が1枚貰える日)以外は待たされると言う事はまずない。

が、不思議と客足が途切れることは無い。満員こそならないが閑古鳥が鳴くこともない、絶妙な集客具合だ。

飲食店においては、テレビで紹介されるとしばらくは大盛況だが、ピークを過ぎると途端に閑古鳥が鳴く という話はよく聞くものだが、このお店は常に平均値を保ち続けているのであろう。素晴らしいことである。

さぁお待ちかねのラーメンを食べよう!

前述の通り、天下一品は店舗ごとにオリジナルメニューがあったり、独自の味付け、盛り付けがされているものだが、この天下一品五条桂店の場合のオリジナルメニューは「赤(あか)」と呼ばれる、こってりラーメンの上にさらにとうがらしを大量にまぶしたメニューがある。

僕は辛いのが苦手なので、食べログでも見て確認してもらえると幸いだが、これが大好きな友人曰く、見た目よりは辛くはないらしい。

まぁそれはさておくのだけれども、このお店は天下一品のメニューの中でも珍しく「特大(2玉)」がある。

大体の天下一品は並か大盛りしかないのだけれども、このお店特有? 他にも用意してるところはあるとは思うけど、僕の観測範囲で特大があるのはこのお店だけである。

大盛りの量って、それこそラーメン屋によって基準が違うので一概に言えないが、僕的には天下一品の場合、大盛りでも少し物足りない感があるので、ラーメン大盛り+チャーハンにすることが多いのだけど、このお店に限り特大を頼むことが多い。

そしてオーダー後、改めて店内を見回してみると、色々と気がつくことが出てくる。

まず、店内の隅っこに「ラーメンのおいしい食べ方」と言う説明書きがあるのに気がつくだろう。

このラーメンのおいしい食べ方指南は、ラーメンファンにとってはやはり気になるところであろうし、願わくばそれを伝授していただきたいと思う気持ちもあるものである。

早る気持ちを抑え、続きを読み進めていくと、我々は一つの真理にたどり着くことになる。

熱いうちに食べましょう

の一文である。

我々天下一品五条桂店ファンは「その通りだ! 感動した!」と、この一文に深い感銘を受け、明日を生きる糧としているのだ。まだこのお店を知らない君たちも今日から覚えておくと良いぞ。

このように店内の昭和を味わい、BGMに懐かしさを覚え、ラーメンを美味しく食べるコツをマスターするころには、いよいよラーメンのことが気になってついついカウンター向こうの厨房に目が行ってしまうことだろう。

だがしかし、さすが天下一品五条桂店。

ラーメンを作っている姿は一切見れない

多分油ハネを防止するとか色々理由があるんだろうけど、もっともお世話になるであろう火元においては完璧なまでにアルミだかステンレスだかの仕切りが設置されており、どの角度からも調理風景が見えないようになっている。

かつて、同じく京都発のB級グルメチェーン店である王将が低迷期に陥った時、新しい戦略として「あえて厨房を見せる」ことで期待感を煽っていくことが功を奏したと言うエピソードは有名であろうが、このお店においては完全なる真逆。

絶対調理風景は見せるものか と。こっちはガチで料理に向き合ってんだ! 素人が見て分かるもんじゃねぇだろ! とでも言わんばかりの男気である。

実際、無理に厨房を覗こうとしたら本気で睨まれたので、本当に見せたくないっぽい。

ラーメン到着! 気になるお味は

tenichi01
うう…記事用の写真を用意出来なかったので過去に撮った見切れた写真でごめんなさい。

さて、それでもそんなに長い時間待たされるわけでもなく、お昼時でお客さんが多めの時でもない限りは待つことがストレスにならない程度の時間でラーメンが到着する。

して、そのラーメンはいかに…!? でも天下一品だし、まぁ天下一品のそれなんだろうな。とは思うところだと察するが、多分だけどこのお店のラーメン、他の天下一品より味も見た目も濃い。

こってりだとほとんど分からないが、あっさりだと一目瞭然で、五条桂店のあっさりは、他店に比べてスープの色が余計に琥珀色だと思う。

そして味も結構ガツンと来ると言うか、辛いと言うか、これスープ煮詰めてませんか? と言わんばかりの強めの味だ。

あと、多分だけどニンニク多め。最初のオーダーの時に「ニンニクはどうされますか?」と聞かれるんだけど、ニンニク無しのオーダーにしても結構ニンニクが強い感じがする。

つまり、このお店のラーメンはニンニクが最初から結構入っていると考えた方が良さそうで、オーダーの際に聞かれるのは「さらに追加しますか?」的なニュアンスを含めたものなんだと思われる。

味を言葉で説明しろと言われるとやっぱり難しいのだけれども、他のレビュー記事などを見てる限り、他店と比べるとやはり濃いめの味になっているみたいである。

が、ここはやはり天下一品。ガッツリ食べられるし、特大でも腹一杯でもうダメだ! と言う事も無い。さすがにチャーハンを追加は苦しいが、餃子1皿くらいならなんとかなりそうな気がする。

要するに、美味い。

ここまで色々とツッコミどころを挙げてきたが、ラーメンが美味ければ正義なのである。

ラーメン屋に上品な佇まいなど求めてはならぬ。ラーメンは美味ければ良い。B級グルメの王様なのである。 と、味という物理でぶん殴ってくる姿勢がとてもとても神々しい。

と、いうわけで

毎度のことながらで恐縮だが、今回もやたらと長文でお送りしたのだけれども、その殆どがツッコミどころの話ばかりだったが、やっぱり美味しいから京都市内に出るときはついつい食べてしまうのだ。

ちなみに僕は京都市内で用事を済ませたあと、かなり高い確率でこのお店に行く。お昼ご飯、夕飯はもちろんだが、お昼ご飯食べたあとや、ちょっと遅い時間の帰宅の際の腹ごなしとして食べにいく程度にはこのお店が好きだし、立地条件の悪さやマニアウケ感の強いお店ではあるが、このままずっと営業を続けていて欲しい。

メディアに紹介されることもなさそうだし、所詮は全国チェーン店のうちの1店舗でしかないこのお店だが、ここで食した人の心に何かしら爪痕を残し続けてきた天下一品五条桂店。

機会があれば是非ご賞味あれ。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です