ミラーレスカメラの最高峰!OM-D E-M1 MarkIIを買ったぞ!

2016年12月28日(水)【
LINEで送る
Pocket

1228top

3年前に、見た目が好きという一点のみで購入した、オリンパスのマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼、「OM-D E-M5」も、そろそろバッテリーが持たなくなったり、機能面で現行機種と比べてもかなり見劣りするようになってきたことを痛感したりということもあり、思い切って同メーカーのフラッグシップ機となる「OM-D E-M1 MarkII」を購入した。

今年一年はずっとこれを待ち続けていたということもあり、手元に届いた時の感動もひとしおであるものだが、とりあえずは買ったぜ! という勢いだけでいろいろ書き残しておこうかと思う。

SPONSORED LINK


今回の購入の動機

前述の通り、前回購入した「OM-D E-M5」はすでに4年前の機種であり、購入から3年も経過するとスペック的に結構見劣りしてしまう点も否めない。

一眼カメラなのに? と思われるかもしれないが、ここが所謂一般的な一眼レフとは違い、ミラーレスはほとんどの機能を電子制御で補っていることから、業界的にスペック向上の波に乗ると恐ろしい勢いで旧製品の見劣りが激しくなる。

このため、個人的ではあるが一眼レフとミラーレスはもう完全に似て非なるものだし、ミラーレスカメラは「電化製品」のカテゴリに入れてもいいんじゃないかと思うほどだ。

もはや、ミラーレスは一眼レフの廉価版などではなく、違う方向に進みつつあるような気がしている。

そんなわけで、そろそろ買い替えも検討していいかなー、いいレンズ買っちゃったしなーみたいな勢いで、ミラーレスの中でも最上位機種の一つとなり得る後継機「OM-D E-M1 Mark II」の購入と相成った。

OM-D E-M1 MarkII実物を見てみて

1228body

でかい(でかい)

ミラーレスカメラといえば、一眼レフに比べて小型で携帯性に優れているレンズ交換式カメラ という印象だと思われるが、OM-D E-M1 Mark IIはちょっと大きめのサイズ。

小型一眼レフでもある、エントリーモデルの一眼レフと似たような図体である。せいぜい一眼レフより薄いくらいのものか。

E-M5が結構小型だったということもあるが、それに比べてみてもE-M1 MarkIIはいいガタイをしておる。とはいえ、重量もその分上がっているが、持ち手のところが非常に触りやすく、そのあたりのストレスはほとんどないというのが実感。

そしてかっこいい。これに尽きる。

1228body-lens

写真のレンズは同メーカーの純正レンズである「M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PRO」なのだが、割とゴツめなレンズだけど、本当に似合う。

当然性能も非常に高く、Proとつくレンズなわけだから、カメラの性能を思い切り発揮させるだけの解像度を持っているので、素人の僕でも割といい感じの写真をホイホイ撮れてしまうというのは嬉しいものだ。

OM-D E-M1 MarkIIの触った感じは

1228cat

1228habotan

…実は年末ということもあって、仕事が忙しいことと、天候不良続きで満足に外に出られず、作例がほとんど出せないごめんなさい。

僕も早くカメラ持ってお外出たいの! 素敵風景とか撮ってみたいの! ってはやる気持ちはあるのだけれども、なにぶん高額なカメラを買ってしまったので死ぬ気で働かなければならずなんともはや…

と言っても、室内でいろいろ試してみてるんだけど、わかる範囲でピックアップしてみる。

その1:手ぶれ補正がすごすぎる

今回はOLYMPUSさんもめちゃくちゃ本気なのか、「これ以上の手ぶれ補正は地軸の回転を考慮しなければならない」と言わしめるほど強力な手ぶれ補正機能を持っており、レンズによっては5秒程度手持ち撮影であってもブレがほとんど出ないらしい。

実際はそこまで無茶苦茶な補正が効くのかどうかは疑問だけど、ファインダーを覗く限りは、写像がピッタリと止まる。多少の手ぶれではファインダー自体も動じず、シャッター速度を多少落としてもカッチリした写真が撮れてしまうのは本当。

ただ、最初は思うように補正がされず、なぜだー!? ってなってたのだけれども、これちゃんとAFターゲット設定をしておかないと、思ったような効果は出ないっぽい。あとレンズ。安価なレンズだと、思ったより効果は少ないかも。それでも、E-M5より補正はすごい。

これ触ったあと、E-M5触ってみたら、ものすごい勢いでファインダーが揺れ動いてるように感じるなどした。比較してみないと気づかないところだけど、結構感動できるポイントだと思う。

ISO感度がかなり向上している

やっぱりマイクロフォーサーズ規格のミラーレスなので、センサーサイズはフルサイズセンサーの半分となっていることから、高感度の写真には弱いというのが定説で、実際ISO3200以上ともなると苦しいのは仕方のないところだったのだけれども、E-M1 MarkIIはこれがかなり改善されている。

1228iso

同じ環境でE-M5と比較してみたのだけど、ノイズが軽減されているのがわかる(…と思う)。

また、上記の通り、手ぶれ補正が非常に強いので、これまでISO3200でないと厳しかったところが、ISO1600でも撮れてしまうということから、従来機と比べて、こちらも大きくスペックアップしてると思われる。

それでも、フルサイズ機や上位クラスのAPS-C機に比べれば苦しさはあるけど、まぁミラーレスだし、ミラーレスのくせにここまで撮れれば最強じゃない? 程度には十分な感度だろう。

オートフォーカスめちゃくちゃ早い

これもミラーレスの欠点だったのだけれども、ミラーレスはオートフォーカス(以下AF)速度は遅いというのが定説だった。

実際、E-M5でもAF設定でシャッター半押しからピントが合うまでに1秒〜2秒程度、場合によってはピントが定まらずに迷子になることも割とあったのだけれども、E-M1 MarkIIは一瞬でピントが合う。

さらに、追尾AFも優れており、レビュワーさんによっては「Canon 7D MarkIIよりも早い」と言わしめるほどのようで、実際のところはわからんけど、少なくともミラーレスなのに、めちゃくちゃAF速度早いのは間違いない。スポーツ撮影でも耐えられるスペックになりつつあるのかもしれない。

このAF速度+手ぶれ補正となると、これまで難しかった撮影が一気に楽になりえるので、かなり嬉しい進化だと思う。

ここが悲しいOM-D E-M1 MarkII

ハイスペックのカメラということもあり、従来機に比べて大きく性能が向上しているのだけれども、それはそれとして残念かも? という点もなくはない。

それでもまぁ、仕方ないか… と思える程度のものなので、この辺りは相当私感が混じるのはご容赦を

価格めっちゃ高い

このカメラ、初動価格が23万円である。

はぁ? フルサイズ機種ならまだしも、ミラーレスやぞ! マイクロフォーサーズだから、フルサイズの半分の大きさしかセンサーないんやぞ! という気持ちも強烈にあるものだが、2016年12月現在の実勢価格はCanon 7D MarkIIと大差ない。

ちなみに、ソニーが出しているフルサイズセンサー搭載のミラーレスカメラであるところのα7IIですら、実勢価格は15万前後である。

センサーサイズで価値を見出すのもナンセンスな話だが、さすがにマイクロフォーサーズ規格でこの価格は…とは思う。お手軽さなど微塵も感じられない強気の値段設定だ。これぞフラッグシップって感じだ。

機能的には申し分ない。本当にいいカメラだと思う。…が、これも節税の一環でもあると思い込まなければちょっとやってられない金額のような気もする。

性能をフルに使うにはProレンズ必須

これはどんなレンズ交換式のカメラでも同じことが言えるのだけれども、ミラーレスカメラだと特にレンズの性能が顕著に出る…気がする。

E-M5ではそこまで気にならなかったのだけれども、E-M1 MarkIIだとはっきりと差が出てかなり気になる。

レンズ性能と機種性能がかみ合わず、レンズ性能に引っ張られて、写真の質感がProレンズとそうでないレンズの差がはっきりしすぎてしまうのだ。

このこともあってか、OLYMPUSさんも相次いでProレンズをリリースしているのだが、さすがProがつくだけあって、全レンズ非常にお高い。

E-M1 MarkIIの性能をフルで発揮できると名高い「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
」でも、13〜15万円くらいする。

これ一本でいわゆる小三元(全範囲F4.0で使える標準、広角、望遠の3本のレンズのこと)をほぼカバーできてしまうという優れたレンズではあるものの、他のProレンズもほとんどが10万円超えのラインナップとなっているため、これに手を出すと、ひたすらレンズにお小遣い食われてしまう羽目になりかねない。

もちろん、従来のマイクロフォーサーズレンズは使えるし、画質も上々であるのは間違いない。手ぶれ補正もちゃんと効く。…が、どうしても差がはっきりと出過ぎてしまって違和感がひどい。

ハイスペックカメラには、それに追随するハイスペックレンズが必要なのだな…と痛感しすぎてつらい。

でも頑張って揃えられるものは揃えたい。

1228lens

もしこの機種に興味があるなら、M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PROだけは持っておいたほうがいいと思う。これ一本で、ミラーレスの世界めちゃくちゃ変わるから。

こういうこともあってか、E-M1 MarkIIにはセットレンズ販売がない。なので、Proレンズを同時購入するともなると、30万円以上の仕事となってしまう。もうちょっと時間経過したら価格も落ち着くかもしれないけれども。

でかいから携帯性微妙

ミラーレスカメラといえば一眼レフに近いスペックでありながらも携帯性に優れているというのが強みだったはずだが、このカメラはでかい。前述の通り、エントリーモデルの一眼レフと同じような大きさである。

さらにProレンズは性能上、結構大きめに作られているため、完全に持ち運び感が一眼レフそのものだ。

それでも、これだけの高機能をよくぞこのサイズに収めた…! と褒めるところなのかもしれないが、お写んぽカメラとしては苦しい。この機種に手を出す人は大半がカメラガチ勢だろうけれども。

早く撮影の旅にでかけたい

せっかく購入したのに、まだ満足に撮影とかできなくて悲しみが募り続けているのが現状で、毎日試し撮りに自室にいる招き猫ちゃんをモデルにしてるだけの人生だった。

まだまだこのカメラと仲良くなれてないし、早く目玉機能である「ハイレゾショット(原理は端折るけど、5000万画素の写真が撮影できる機能)」を試したいし、夜景も撮りたい。

したいことだらけなのだが、なかなかタイミングが合わず、あー! 早く仕事納まらないかな! 仕事しなくてもお金が降って湧いてこないかな! などと呪詛を吐き続ける日々だ。

そんな感じで、本当に自分、レビュー系の記事書くの下手だなとは思えども、購入した喜びで文章を書いてみるなどしていた。

また色々撮り貯めができたらg.o.a.tなどで載せていくので、よろしければ見ていただけるといいなという所存なのであった。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です