思い出のフィルムカメラ-フィルムカメラ Advent Calendar 2017-

2017年12月04日(月)【
LINEで送る
Pocket

まだまだ続くよアドベントカレンダー

と、いうわけで、今回はフィルムカメラ Advent Calendar 2017の4日目を担当させていただきますです。

フィルムカメラも色々あるけれど、僕はもっぱらトイカメラが大好きで、今回はその辺りについて触れていこうかと思います。

ちなみに、結構前にもカメラのこと書いてたりする記事があったりするので、こちらも是非読んでね→きっかけは、おもちゃのカメラ

SPONSORED LINK


憧れだったLOMOシリーズ

トイカメラをかじったことのある人であれば、LOMO LC-Aの存在を知らない人はほとんどいないと思うのだが、これがまたひっどいカメラで、当時の価格で16800円の割に、ともすれば写ルンですの方がよっぽどまともな描写してくれるんじゃないかってくらいのもので、極端なコントラスト、明らかにレンズの位置がおかしく、四隅にかかる影のグラデーション、あんまり役に立たないオートフォーカス、露出補正など、通常のカメラとしてみると、まともな写真はそんなに期待はできないシロモノだ。

だが、当時のカメラ事情においてはトイカメラが人気を博しており、HOLGA(中国製の3000円くらいのブローニーフィルムを使うおもちゃ)を首にぶら下げた女の子をよく見かけるとかそんな感じで、その中にあって最も人気の高いカメラがLOMO LC-Aであったと記憶している。

僕もこのカメラは結構探していたのだけれどもなかなか見つからず、結局トイカメラブーム時代はスメ8と共に過ごした時間の方が長かったような気がするのだけど、ある冬の日、ふと立ち寄った大阪は梅田のカメラのナニワにて、シルバーメタリックのコンパクトカメラブース内で明らかに浮いた存在で放置状態になっていたLC-Aを見つけ、そのまま衝動買いをしてしまい、今もなお僕の部屋に飾られてある。

所有しているLOMOシリーズで言えば、上記の通りLC-A、スメナ8Mに加え、アクションサンプラーという、一枚のフィルムに4分割した写真を撮影することができる変なカメラがあったのだけど、あれどこ行ったのか、引っ越しだとかでゴタゴタしてる間に紛失してしまってるようで残念。

もう一つはLubitel(ルビテル)という二眼レフカメラ。おもちゃなんだけど、割と作りがしっかりしてるし、アンティーク感があってかっこいい。
これを使った撮影はめっきりしなくなったが、仕事の撮影とかで小物が欲しい時とかに登場していたりするので、もしなんらかのご縁があり、貴重なきっかけの中で僕の仕事の中で使われてる写真の中に二眼レフが見えたなら、それはそういうことなんだなということにしておいて欲しい。

オプションとしては、一応「カラースプラッシュフラッシュ」という、色セロファンをストロボにくっつけただけの、これまたおもちゃみたいなものがあったんだけど、これ購入初日にいきなり配線切れて壊れてしまい、怒りに任せてソファーに叩きつけて以来どうなったかもう覚えていない。

LOMOに使っていたフィルム

LOMOと相性のいいフィルムと言えば、定番がAGFA製のもので、36枚撮りができて、しかもお安いというものがあったのだけど、それとは別に、AGFAからは「ULTRA」と呼ばれるフィルムがあり、色々探し回って「ULTRA100」を多用していた時期があった。

ちなみにこのフィルム、発色が異常なほど強く、一般の写真屋さんでは現像してもらえないので、専用のラボに外注でお願いするみたいなバカみたいなフィルムとなっており、一度それを知らずに「いいよ、うちでやってあげるよ!」って写真屋さんに出した後日「すまん、今後このフィルムは取り扱い無しや…」とまで言わしめた曰く付きのシロモノである。

あと、カメラマンの蜷川実花氏がULTRA50を使っていたのは一部では有名な話だと思う。あの極彩色はULTRAから生まれてたんだなぁって憧れに近づけてちょっと嬉しかった。

AGFA社はもう倒産したのでこのフィルムを手に入れることは不可能になってしまったが、このLOMOとAGFAの組み合わせというのはトイカメラerの間では割と浸透している話だったとは思う。

その後は、LOMOにポジフィルムを使ってみたらどうなるのか? という気持ちが先走り、またしばらくの間はおもちゃカメラにポジフィルムという、なんともアンバランスな遊びを繰り返すことになる。

で、それがこの写真なのだけれども、探しに探してフィルムスキャナ動かしてなんとかこの一枚しか用意できなかったすまぬ…!(ポジフィルムは基本的にプリントしないから残ってないの…)

まぁ普通にひどい写真だなって思うのだけれども、当時の僕はこんな簡単なことがとてつもなく楽しかったし、ネガとはまた違う楽しみがあって、現像してもらったフィルムをちまちまハサミで切ってマウント作ってとか、純粋に写真を楽しんでた頃じゃないかなぁと思ってみたりもする。


そもそもこんな雑な管理してる時点で昔の自分をぶん殴りたい。

現在のカメラ事情

今はOM-Dでの撮影が楽しすぎて、これにどハマりしてるところなのだけれども、時々飾ってあるLC-Aを触り直しては「いつかまたこれでお写ん歩を楽しむぞ!」と誓いを立てているのだけれども、なんとこのLOMO、いつの間にか壊れてしまったのか、シャッターが切れなくなってしまっており、このままでは写真を撮ることができない(正確には、シャッターを切った際にランプが点灯しない)。

以前は修理業者も探すことができたので、壊れた時はそこにお願いしていたのだけれども、今現在はもう無いようで、どうやって探せばいいか皆目見当がつかず途方に暮れているところだ。

かなり昔のカメラで、現行品どれくらい違いがあるのかわからないし、現在の販売店で修理してもらえるのかとか疑問だらけなわけで、もし詳しい人がいれば修理業者を紹介してくれると本当に嬉しいところです…! と、一応ブログで呼びかけてみるなどする。

色々と自分のカメラの扱いが雑すぎて怒られそうなところもあるのだけれども、僕にとってトイカメラは自分のカメラ好きの原点だし、これがなかったら今ほどカメラを楽しんで無いよなぁ とか、多分カメラは持っているだろうけど、単純に「いい写真」しか興味を持てなくて、技術技術と叫んでたかもしれんなぁとか、カメラはもちろんだけど「写真」が好きになったというのは間違いなくLOMOの存在のおかげなわけで、また色々遊ぶことができればいいなと思う。

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です