iPhoneを入手しよう

2011年10月28日(金)【
LINEで送る
Pocket

さて、iPhoneをdocomoの環境にて動作させる際、最も大事なものが「iPhone本体になります。」
ただし、これは既に周知のことかと思われますが、日本国内で出回っているソフトバンク、auで取り扱っているiPhoneにはSIMロックがかかっているため、docomoで利用することは出来ません。
(最近、docomoの窓口でSIMロック解除のサービスが始まったとか聞いたことがありますが、どうなんでしょう?)

ちなみに当サイトではソフトバンク、auのiPhoneのSIMロックを解除するJB(通称:脱獄)の方法は紹介しません。
リスクが高すぎます。もしもSIMロックの解除を目指す場合は自力で資料を集めるなりして頑張ってみてください。

iPhoneのSIMフリー版は日本国内では正式な取り扱いが無いため、基本的には輸入商品を取り扱うお店か、もしくは直接自分で輸入する、オークションなどで購入するしか方法はありません。

以下入手方法

SPONSORED LINK


amazonを利用する

amazonではiPhoneの正式販売後、約2週間後辺りからamazon内のストアにて取り扱いがされる場合があります。
注意したいのは、販売主はamazonそのものではなく、amazonのマーケットプレイスに参加しているストアからの販売となるため、信頼性と言う意味においてはamazonと同様とは言い切れません。
価格も高めに設定されていることが多いようです。
ただし、日本語で利用できると言うのは大きなメリットであり、面倒な手続きも無いので比較的簡単に購入することが出来ます。

マーケットプレイスにて購入される場合は必ず各ストアの販売実績などを参考にしてから購入手続きをしましょう。

楽天市場を利用する

なんと言っても日本最大級のショッピングモールとして、当然のようにいつの間にかiPhoneが出品されている場合があります。
中にはかなり低価格の掘り出し物が見つかる場合もあるので、こまめにチェックしてみると幸せになれるかもしれません。
ただし、やはり全体の相場としては高額に該当しており、amazonよりも若干高いように思えます。
お店によって評判が大きく異なったり、短納期のところと、そうでないところがあるので、レビューや納期についても参考にしながら確実な購入が出来るお店を選んで購入してみましょう。

参考資料:楽天市場でiPhone4Sを検索

オークションを利用する

何気に最もスピーディに購入できるのがオークションだったりします。特にヤフーオークションやeBayが人気のようです。

ご存知ヤフーオークション

eBayトップページ

ヤフーオークションでは参加者が多いため、競争率が相当に高くなりますが、出品者も相当数に上るため、あっさり購入することが出来ます。
ちょっと高額でも、即決価格で落としてしまえば早いでしょう。
eBayの方が安価で購入できるようですが、何かとシステムが複雑で扱いづらいと言う報告も耳にします。
どちらにせよ使い慣れた方を利用すればいいかと。

ただし、出品者の情報は必ず精査しておきましょう。
非常に稀なケースとは思いますが、以前iPadをオークションで購入したら、箱だけが送られてきたと言った珍事がちょっと話題になっていたのを記憶しています(もちろん10万円近く取られたらしいです)

輸入代行を利用する

不安も募りますが、最も安価で購入できるのはこの方法となるでしょう。
個人で輸入する場合、特に人気が高いのがEXPANSYS(通称:パンツ)のようです。僕はここでiPhone4Sを購入しました。
正式販売から一週間で届いたので、比較的早かったなと思っています。
EXPANSYSは日本に代理店があるため、日本語が通用すること、amazonや楽天に比べて安価に購入できることが大きなメリットですが、リスクが無いとは言い切れないのが難点です。
ただし、在庫数は圧倒的に多いので、予約しておけばまず手に入るでしょう。


EXPANSYSトップページ

基本的にはマニュアル通りに注文すれば購入できますが、クレジットカードの分割払いが出来ない(後からリボは可能みたいです)、免許証など身分証明書のjpg画像を用意しておく必要があるなど、若干不便もあります。あと、僕の場合16GBのブラックを注文したのに、なぜか正式購入の際に送信された見積もりが64GBのホワイトになっていたため、修正申告をしました。
時折発送や見積もりの間違いがあるようなので、そこら辺はしっかり確認しておく方が良さそうです。
とは言え、日本通信とも正式な契約を結んでいるようで、信頼できるお店であるのは間違いないようです。

最後に

日本で購入する場合iPhoneのSIMフリーはそれなりに高額です。
16GBモデルでも10万円前後するので、購入してしまうと後戻りできません。今時10万円もあればそこそこのスペックのパソコンくらいは簡単に購入できてしまう額にもなるため、もう一度本当にdocomoでiPhoneを使う必要性があるのかどうかは考えておきましょう。
2年縛りの分割払いにはなるものの、ソフトバンクやauの方がきっと幸せになれます。本当に、もう一度、考えてみてください。

それでもやっぱりdocomoで使いたい! と言う少数派のあなた。同志として共にiPhone+docomoの環境を存分に楽しんでいきましょう。

iPhone+docomoサイトマップ

一番最初に見るところ

iPhoneはdocomoで使えるのか

iPhoneを買う前に

iPhone+docomoのメリットとデメリット

iPhone+docomoの料金体系

iPhone+docomoのために出来れば揃えておきたい環境

docomoでiPhoneを利用する前に絶対にしておかなければならないこと

事前にmicroSIMカードの入手方法を考える

iPhoneの入手から利用開始まで

iPhoneを入手しよう

iPhoneをdocomoショップに持っていく際の注意点

まずはiPhone+docomoの利用方法を知る(通話編)

まずはiPhone+docomoの利用方法を知る(通信編)

iPhoneでdocomoの設定をしよう!

iPhoneにdocomo携帯のアドレス帳を移動させる方法

iPhone+docomoではiモードメールが使えない?

iPhone+docomoで(ほぼ)リアルタイムにiモードメールを受信する方法 概略編

iPhone+docomoで(ほぼ)リアルタイムにiモードメールを受信する方法 実践編その1

iPhone+docomoで(ほぼ)リアルタイムにiモードメールを受信する方法 実践編その2

iPhoneでiモードメールを受信する際の注意

iPhoneでiモードメールを「使わない」場合の注意

docomoのXi(クロッシィ)をiPhoneで使うには?

iPhone+docomoの雑多な話

もしもiPhoneが壊れたら

結局docomoでiPhoneはリリースされるのか?

iPhoneのプッシュ受信機能にはご用心

microSIMアダプター使用の際の注意

SPONSORED LINK


LINEで送る
Pocket

最後までここにいてくれてありがとう

よろしければ四畳半ワークスのRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

Comments are closed here.